情報公開に関する基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に、公正で正確な会社情報を迅速に提供することを基本方針として、IR活動を行ってまいります。

当社は会社法・金融商品取引法等関係諸法令、及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従って速やかな開示を実施いたします。また、開示義務が定められていない情報についても、株主・投資家の皆様に、当社をより理解していただくために、可能な範囲で積極的に開示するよう努めます。

情報開示の方法

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報につきましては、同規則に従い、適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開いたします。

また、投資判断に影響を与える重要な情報についても、適切な方法で、可能な限り公平かつ正確に情報伝達されるよう配慮いたします。

業績予想及び将来の予測について

当社が発表する業績予想や、将来の計画・見通しなど、将来の予測に関する事項は、作成時点で入手可能な情報に基づき、一定の合理的な条件で作成したものです。

したがって実際の業績については、様々な要因により異なる結果となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

沈黙期間

当社は株主・投資家の皆様への情報開示の公平性を確保するため、各決算期末日の翌日より決算発表日までを沈黙期間としております。この期間、当社の役職員は事業見通しや成果あるいは予測、決算についてのコメントを控えさせていただきます。

ただし、沈黙期間中に適時開示に該当する事象が発生した場合には、適時開示規則等に則り、公表いたします。