トップメッセージ

GMOペパボは、インターネットがまだソーシャルでも2.0でもなかった時代、2003年に個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営する、有限会社paperboy&co.としてスタートしました。

創業当時から運営している『ロリポップ!レンタルサーバー』は、「学生や女性にもホームページ作りを楽しんでもらいたい」という思いから始まったサービスです。学生にも使ってもらいやすい破格の価格は「おこづかいで借りられるレンタルサーバー」として口コミを呼び、わかりやすく充実したマニュアルは初心者のみなさんに受け入れられました。今思えば、少し大げさかもしれませんが、それまで企業や技術者のものでしかなかったサーバーを、格安でレンタルできる形にしたことで一気に敷居を下げ、“個人がインターネットで情報発信する楽しさ”というものを広めるほんの一翼を担えたのではないかなと思っています。

創業以来、ユーザーのみなさまから「ホームページを作って趣味仲間が増えました」「自分の作品を好きだと言ってくれる人に出会えました」といった嬉しいメッセージを、たくさんいただきました。そのメッセージのひとつひとつが、会社を、サービスを、インターネットを、社会を、「もっと面白くできる」という情熱の原動力です。

  paperboyだった私たちは、個人のみなさんにホームページを作るという新しく特別な楽しみ方を提案しました。ペパボになった私たちは、今や特別なものではなくなったインターネットにおいてもやっぱり特別な楽しさを味わってもらえるサービスを作り続けたい、より多くの人に届けられるサービスを開発して表現する人をもっと増やしていきたい、と静かに燃えています。

これからのペパボにもぜひご期待ください。

GMOペパボ株式会社
代表取締役社長
佐藤 健太郎

代表取締役社長プロフィール

代表取締役社長 佐藤健太郎 略歴 佐藤 健太郎(さとう けんたろう) 鹿児島県出身
大学在学中からオープン間もない「ロリポップ!」の運営を手伝い、2003年、有限会社paperboy&co.立ち上げに参画。カスタマーサービスやマーケティング、広報などを歴任し、「ロリポップ!」を会員数35万を超える国内最大級のレンタルサーバーに成長させる。同時にクリエイター社内支援制度や研究支援制度、社内プレゼンイベントなど、幅広い業務経験を活かして、社員をクリエイター化させる企業のしくみ作りに尽力。その後、上場準備責任者として舵を取り、2008年に上場を果たす。2009年より代表取締役社長としてGMOペパボグループを率いている。