投資家の皆さまへ

代表取締役社長 佐藤健太郎

 株主の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 また平素よりあたたかいご支援とご理解を賜り、誠にありがとうございます。

  2018年12月期の業績は、売上高については、主力ストック事業の堅調な伸びや注力サービスの「SUZURI」、「minne」の成長に加え、4月の「Canvath」の事業譲受などにより2003年の創業以来継続して右肩上がりに成長し、82.0億円と過去最高売上高を更新いたしました。売上高の伸長に加え、Web広告やクーポンを中心としたプロモーションを効率的に展開したことによりコストが減少し、営業利益は4.6億円となりました。

 2019年12月期は、ハンドメイド事業におきまして、2015年より行っておりました「minne」への積極的なプロモーション投資で得たアプリダウンロード数1,000万DL、作家数50万人、作品数900万点というサービス基盤を活かし、収益を複層化することで、黒字転換する計画です。これにより投資を実施する前の水準以上の利益となる見込みです。これまでの戦略的な投資につきまして、温かいご支援とご理解を賜り、誠にありがとうございました。

 今後も安定的な主力事業の収益を元に、成長可能性のあるサービスや企業に対する投資を継続し、さらなる拡大を目指し、株主の皆様のご期待にお応え出来るよう邁進してまいります。

 また、当社は、2018年12月19日に上場10周年を無事迎えることが出来ました。これはひとえに株主の皆様のご支援の賜物だと思っております。心より御礼申し上げます。
 引き続きのご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

GMOペパボ株式会社
代表取締役社長
佐藤 健太郎