悪質なウェブサイトに関して

Q.ペパボユーザーから迷惑メールが届きました。

A.

弊社のレンタルサーバーサービスを利用しているユーザーから送信された迷惑メールに関しましては、各サービスの利用規約に基づき、該当するアカウントの停止など、厳しい対処を行っております。

該当するアカウントを調査いたしますので、お手数ですが届いた迷惑メールにつきまして、お問い合わせフォームより下記の情報をお送りください。

・送信元メールアドレス
・送信先メールアドレス
・メールのヘッダ情報
・メールの受信日時
・件名
・本文

なお、迷惑メールの対処は、原則的にメール送信元のネットワーク管理者により行うことになります。そのため、ドメインのみ弊社サービスを利用している場合など、他社サーバーから送信されている迷惑メールに関しましては、弊社において対処することができません。その場合は、サーバー管理業者等の機関へご報告頂く事をお勧めいたします。

<参考ページ>
社団法人日本インターネットプロバイダー協会「迷惑メールについて」

Q.名誉毀損、プライバシー侵害、著作権侵害、商標権侵害がされています。

A.

弊社は、特定電気通信役務提供者として、名誉毀損、プライバシー侵害、著作権侵害、または商標権侵害等の権利侵害を理由としたサイト停止、記事削除などのご依頼に対しては、プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会作成の「プロバイダ責任制限法ガイドライン」に基づき対応いたしております。

<ご依頼方法>
プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト」上の関係書式等に必要事項をご記入の上、所定の書類を同封し、以下のあて先までお送り下さい。

<書類送付先>
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー
GMOペパボ株式会社 経営管理部 法務グループ

※選挙運動用文書図画にかかる情報の流通によって自己の名誉が侵害されたとする公職の候補者・政党等からのお申し出の場合は、電子メールでの送付も可能です。電子メールで送信防止措置のご依頼を希望される公職の候補者・政党の方は、該当サービスのお問合せフォームよりご連絡下さい。送信先を該当サービスよりご案内いたします。

<ご本人確認書類>
権利を侵害されたとする方ご本人様からのご依頼であることを確認できる書類として、以下のものをご同封ください。

※ご提出いただきますご本人様確認書類は、本手続きにのみ使用し、弊社プライバシーポリシーに則り適切に処理いたします。

■個人の場合
以下のうち、いずれかひとつをお送りください。
(1)印鑑登録証明書 (発行後3ヶ月以内)
(2)運転免許証、旅券 (パスポート)などの公的身分証明書のコピー

■法人の場合
登記事項証明書および代表者の印鑑登録証明書 (発行後6ヶ月以内)

■代理人によるご依頼の場合
以下を併せてお送りください。
(1)権利を侵害されたとする方ご本人様の上記本人確認書類
(2)代理人の本人確認書類
(3)委任状

※代理人が弁護士である場合は、(2)代理人の本人確認書類および (3)委任状は必要ございません。