平均PV数の7倍超を記録 ハンドメイドマーケット「minne」のWebメディア「minneとものづくりと」、フルリモート体制下での初の記事広告が好調

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)は2020年1月27日の在宅勤務開始以降、国内最大(※1)のハンドメイドマーケット「minneミンネbyGMOペパボ(以下、minne)」が運営するWebメディア「minneとものづくりと」において、コンテンツ制作をリモート体制で行っています。
 この度、打ち合わせを含む全工程をフルリモート体制下で行った初の記事広告として、株式会社サクラクレパス(以下、サクラクレパス)をクライアントに迎え「懐かしくって新しい、手帳やノートがたのしくなる『クーピー マーカー』」を2020年5月2日(土)に公開いたしました。フルリモート体制下での制作でありながら7名のminne作家の協力を得た本記事広告は、2020年5月2日(土)〜11日(月)の10日間の合計PV数が「minneとものづくりと」の1記事あたりの平均PV数の7倍超を記録しています。
 これは、フルリモート体制というこれまでにない環境で行った新たな取り組みであり、「minneとものづくりと」では引き続き、環境の変化に柔軟に対応しながら、全国のハンドメイド作家をはじめとするものづくりに携わるクリエイターの活躍を広く伝えていくとともに、企業・ブランドの販促のサポートにも取り組んでまいります。
(※1)2019年11月発行 一般社団法人ホビー協会「ホビー白書2019年版」ハンドメイドマーケット比較表(2019年9月末日時点)

「minneとものづくりと」フルリモート体制による初の記事広告が好調

背景

 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務や外出自粛が要請されていることを受け、ビジネスシーンや日常生活に与える影響は大きくなっています。通常は“対面”を原則とする広告制作現場においても、クリエイターの89.3%がクライアントワーク(受託制作)の進行に影響が出ているという調査結果(※2)もあり、広告産業への打撃は大きいことがうかがえます。
 こうした中「minneとものづくりと」では、2020年1月27日(月)に会社全体が在宅勤務となったことを受け、これまでオフラインで実施していた撮影やインタビューなどのコンテンツ制作作業を順次リモートへ移行してまいりました。そして、このような体制下においても、平常時と変わらぬクオリティで読者に毎日記事をお届けするべく、「SNSを活用したminne作品の画像の募集」や「リモートでのインタビューの実施を踏まえた企画の検討」といった新たな試みにチャレンジしており、その結果、多くの読者にご好評いただいています。
 この度「minneとものづくりと」では、以前より力を入れてきた、minne作家とのコラボレーションで企業の販促活動をサポートする記事広告においてもフルリモート体制での制作に挑み、5月2日(土)にフルリモート体制下による初の記事広告「懐かしくって新しい、手帳やノートがたのしくなる『クーピー マーカー』」(クライアント:サクラクレパス)を公開いたしました。公開したコンテンツは、2020年5月2日(土)〜11日(月)の10日間のPV数が80,000PV超と、オフラインでの制作時と変わらず多くの読者に閲覧いただき、大きな成果を得ています。今後も順次、フルリモート体制下による記事広告を公開してまいります。
(※2)「月刊ブレーン」実施「広告界の新型コロナウイルスによる仕事への影響に関するアンケート」(2020年4月9日掲載)

フルリモート体制下による記事広告について

 フルリモート体制下でのコンテンツ制作では、インタビューはオンライン、撮影は作品を取り寄せての実施となるため、全国のminne作家へ広く依頼することが可能となりました。また、クライアントとの打ち合わせや取材・スタジオの調整にかかる時間を大幅に短縮することで、オフライン時には最短でも1ヶ月半を要するコンテンツ制作を最短5日間で完成させることができます。

フルリモート体制下による初の記事広告

「懐かしくって新しい、手帳やノートがたのしくなる『クーピー マーカー』」

クライアント サクラクレパス
PV数 80,218(2020年5月11日時点)

 サクラクレパスの『クーピー マーカー』を使った、“手帳術”や“ノート術”、「minne」の人気作家7名による “イラスト付きメッセージ”を紹介。商材の魅力を伝えるパートナーとして編集部が選定、依頼した全国のminne作家から送付いただいた作品を編集部カメラマンが撮影、オンラインミーティングアプリを使用してインタビューを実施し、制作期間5日間で公開まで行いました。本記事の好評を受け、今後、店頭のPOPやその他販促物でも、本記事のクリエイティブを使用することが決定しています。
 また、2020年5月16日(土)まで開催中の『クーピー マーカー』が当たるTwitterキャンペーンも好評をいただいており、2020年5月11日(月)時点で890名の方にご応募いただいています。

株式会社サクラクレパス 担当者からのコメント

 今回、弊社の『クーピー マーカー』を用いて、“手帳術”や“ノート術”、さらにminne様の人気作家7名による “STAY HOME”をテーマにした“イラスト付きメッセージ”での使い方の提案をしていただきました。作家の皆さんのアイディアは、商品づくりを行うメーカーとして、とても参考になる点も多く、フルリモートでのやりとりの中、通常と変わらない読者の関心を引く記事を制作いただけたと実感しております。SNSでの反響も多く、たくさんの方々に商品の魅力をお伝えすることができました。

その他フルリモート体制下で制作された人気コンテンツ

連載「minne作家さんのかばんの中身見せてもらいました」

PV数 35,363(2020年5月11日時点)

 人気コンテンツの一つ「minneスタッフのかばんの中身」のminne作家版。公式Twitterで作家さんからかばんの中身の写真を募集し、オンラインミーティングアプリやメールでインタビューを行いました。「minneとものづくりと」では、今後もユーザー参加型のフルリモート体制での制作コンテンツを増やしていく予定です。

「おうちでたのしむオンライン陶器市2020」

PV数 31,268(2020年5月11日時点)

 各地で開催予定だった「春の陶器市」の開催見送りが相次いで苦しい状況が続く窯元さんを救うべく続々開催が決定している「オンライン陶器市」について、フルリモート体制で主催者にインタビューを行いました。今後も、ものづくりや、それに携わる人を支援する取り組みを積極的に紹介していきます。

連載「あの人の作業机」

PV数 29,779(2020年5月11日時点)

 対面によるオフライン取材でも実施していたminne作家の作業机や作業部屋を紹介する企画を「あの人の作業机」としてフルリモート体制のもと連載化。気になる作家さんにお声掛けし、オンラインミーティングアプリやメール等を活用してこだわりの道具が並ぶ作業机を紹介しています。

「minneとものづくりと」について

 「minneとものづくりと」は、65万件を超える作家・ブランドによる1,134万点超の作品が販売・展示されている(※3)国内最大のハンドメイドマーケット「minne」が、ものづくりのよさを伝えることはもちろん、ハンドメイド作家をはじめとするものづくりに携わるクリエイターの仕事を広く知ってもらうことで、クリエイターの活躍や新たな仕事へとつなげることを目的に運営するWebメディアです。「minne」の流通額の好調と並び、2020年4月のPV数は前年同月比1.5倍と好調です。
 また、全国のminne作家との共同制作が特徴の記事広告も好評を得ています。「minneとものづくりと」におけるプロモーションにご関心をお持ちの企業様は、【「minneとものづくりと」プロモーションに関するお問い合わせ先】までご連絡ください。
(※3)2020年4月末時点

「minneとものづくりと」プロモーションに関するお問い合わせ先

GMOペパボ株式会社 minne事業部 「minneとものづくりと」編集部
E-mail:info@minne.com

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別