レンタルサーバー「ロリポップ!」の「マネージドクラウド」が、『Ruby biz Grand prix 2019』でグランプリを受賞!

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)は、レンタルサーバー「ロリポップ!」のマネージドホスティングサービス「マネージドクラウド」プラン(以下、ロリポップ!マネージドクラウド)が、2019年12月12日(木)に開催されたプログラム言語Rubyを活用したビジネス事例を表彰する『Ruby biz Grand prix 2019』において、グランプリを受賞したことをお知らせいたします。
 GMOペパボの「ロリポップ!マネージドクラウド」は、レンタルサーバーという世間に広く浸透した事業領域においてRubyを使った野心的な新しい試みを行っており、このようなRubyを用いた積極的な開発を通じてRubyの発展に寄与している点が評価され、この度の受賞となりました。

授賞式の会場で審査委員長のまつもとゆきひろ氏とGMOペパボ株式会社のプリンシパルエンジニアの小山健一郎が大賞の賞状を持って並んでいる写真
写真左:審査委員長 まつもとゆきひろ氏
写真右:GMOペパボ株式会社 ホスティング事業部ホスティンググループ マネージドクラウドチーム プリンシパルエンジニア 小山 健一郎

Ruby biz Grand prix」について

 「Ruby biz Grand prix」とは、ビジネスの領域においてプログラム言語Rubyを活用して、新たなサービスを創造し世界へ発信している企業、団体及び個人を対象としたグランプリです。毎年、Rubyを使った自社商品・サービス等で、Rubyの特徴を活かし、新規性、独創性、市場性、将来性に富んでおり、今後継続的に発展が期待できるビジネス事例を表彰しています。

ロリポップ!マネージドクラウド」について

 「ロリポップ!マネージドクラウド」は、VPSやクラウドの拡張性・自由度の高さと、“マネージド型”であるレンタルサーバー(共用サーバー)の運用の手軽さを兼ね備えたホスティングサービスです。
 GMOペパボの研究開発組織である「ペパボ研究所」が独自に開発したコンテナ型仮想化技術(※)を用いることで、通常のレンタルサーバー同様、専門的な知識を持たなくても手軽に利用ができ、なおかつクラウドホスティングのようにリソース増減が簡単に行えるサーバー環境を提供しています。また、構築済みのサーバーやセキュリティ、サーバーの運用機能、サーバーリソース最適化機能を搭載しているため、利用者のインフラ構築やアプリケーション開発のコスト削減を実現しています。
(※)1つのOS上に、コンテナと呼ばれる、他のユーザーから隔離されたアプリケーション実行環境を複数構築することで、より少ないコンピューターリソースで仮想的な動作環境を実現する技術。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別