ドメイン取得サービス「ムームードメイン」、ドメイン名ハイジャックや意図しないドメイン設定変更を防ぐオプションサービス「ドメインロック」を提供開始

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するドメイン取得サービス「ムームードメイン byGMOペパボ」は、ドメイン名の乗っ取り(ドメイン名ハイジャック)や、意図しないドメイン設定変更を防ぐオプションサービス「ドメインロック」を、本日2019年7月1日(月)より提供開始いたしました。
 「ムームードメイン」でドメインをご登録いただいているお客様(以下、ドメイン登録者)は、「ドメインロック」を利用することで、「Whois情報(※)」「ネームサーバー管理」「管理事業者情報管理」「自動更新設定管理」の全4項目それぞれに対して操作制限を設けることができます。これにより、第三者の不正アクセスによる「ドメイン名ハイジャック」や、誤操作による意図しない設定変更を防ぐことが可能になります。
(※)ドメインの登録情報(登録者の氏名・住所・電話番号・メールアドレス、登録日・契約終了日、ネームサーバー名等)を参照できるインターネット上のサービス。

「ドメインロック」提供開始の背景

 ドメイン登録者から多く寄せられるお問い合わせの1つである「Webサイトが表示されない」という事象は、ドメインの設定変更時における設定ミスに起因する場合が大半です。こうした事象はビジネスの機会損失につながることから、ドメイン登録者からは「怖くて安易に変更できない」という声があがっています。
 また、ドメイン名の管理権限を持たない第三者が不正な手段でドメインを乗っ取る「ドメイン名ハイジャック」によって、Webサイトのなりすまし(偽サイトの表示)や閉鎖、改ざんといった事例が報告されています。特に偽サイトへの誘導や改ざんは、閲覧者の個人情報を抜き取ったり、閲覧した端末やPCにマルウェアを仕込むなど、セキュリティ上の脅威となっています。こうした被害は、ビジネスの機会損失にとどまらず、サービス提供者の信用問題に発展し、結果的にブランドを毀損する可能性があります。
 そこで「ムームードメイン」は、Webサイトの管理者の誤操作による意図しないドメイン設定変更や、「ドメイン名ハイジャック」を防ぐことが可能な「ドメインロック」をオプションサービスとして提供開始しました。

「ドメインロック」について

 「ドメインロック」は、「ムームードメイン」で管理されているドメインを対象とした、各種設定の変更や書き換え操作を制限するサービスです。操作制限の設定・解除は、ドメイン登録者宛に送信されるメールから設定変更を承認する、認証メールによる手続きが必要となります。

■「ドメインロック」概要

対象ドメイン「ムームードメイン」で管理されている全ドメインでご利用いただけます。
ご利用料金1ドメイン 1,200円/年 (税抜)
お申込み方法「ムームードメイン」のコントロールパネルよりお申し込みください。
詳細URLhttps://muumuu-domain.com/security/domain-lock

■「ドメインロック」によって操作制限ができる設定項目

Whois情報・Whois情報(登録、管理、経理、技術など)変更
・汎用JPドメインの公開連絡窓口の編集
・汎用JPドメインの登録者情報の編集
・属性型JPドメインの担当者情報の編集
ネームサーバー管理・ネームサーバー設定変更
・ムームーDNSの設定
管理事業者情報管理・ドメイン移管
・汎用JPドメイン移転
・汎用ドメインの指定事業者の変更
自動更新設定管理ドメイン自動更新設定の変更

ムームードメイン」について

 ムームードメインは2004年1月にサービス提供を開始し、今年で15周年をむかえたドメイン取得サービスです。人気の「.com」や「.net」をはじめ、法人向けの「.co.jp」など400種類以上の豊富なドメインの中から、ドメインを取得できます。また、専門のサポートスタッフがメールやチャットで対応するため、ドメインの知識がなくても安心してお使いいただけます。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別