「ロリポップ!」クラウドホスティングのような環境を手軽に利用できる新しいホスティングサービス「マネージドクラウド」プランの正式版を提供開始

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)が運営するレンタルサーバー「ロリポップ!」は、クラウドホスティングのような拡張性と自由度の高い環境を手軽に利用できる「マネージドクラウド」プランの正式版を、本日2018年4月18日(水)より提供開始いたします。

「マネージドクラウド」プラン

【「マネージドクラウド」プラン正式版について】

 「ロリポップ!」が正式版を提供する「マネージドクラウド」プランは、VPSやクラウドの拡張性・自由度の高さと、"マネージド型"であるレンタルサーバー(共用サーバー)の手軽さを兼ね備えたホスティングサービスです。
 通常のレンタルサーバーは、専門的な知識を持たなくても手軽に利用できる反面、リソースの拡充には上位プランへの移行が必要となるうえ、サーバーのカスタマイズは自由に行えません。一方、クラウドやVPS(仮想専用サーバー)の場合、拡張性や自由度が高いものの、サーバーの構築から運用、管理までをすべてお客様自身で行う必要があり、サーバーエンジニアのような専門知識を有する人材を持たない企業や事業者にとっては、導入は難しいといえます。
 「マネージドクラウド」プランは、こうした課題を解決するべく開発したプランで、GMOペパボの研究開発組織である「ペパボ研究所」が独自に開発したコンテナ型仮想化技術(※)を用いることで、クラウドホスティングのようにリソース増減が簡単に行えるサーバー環境を実現しています。2017年7月からは一部のユーザー向けにクローズドα版を、同年11月からは一般の方向けに無料でオープンβ版の提供を行い、そこで得た多くのご意見とご要望を踏まえ、この度、正式版として提供開始するに至りました。「マネージドクラウド」プラン正式版は、オープンβ版公開時よりもさらに充実した機能を持つサービスとしてお使いいただけるようになっています。
(※)1つのOS上に、コンテナと呼ばれる、他のユーザーから隔離されたアプリケーション実行環境を複数構築することで、より少ないコンピューターリソースで仮想的な動作環境を実現する技術。

【簡単に使えて拡張性と自由度の高い「マネージドクラウド」プラン】

 「ロリポップ!」の「マネージドクラウド」プランは、"マネージド型"であるレンタルサーバーの運用の手軽さと、VPSやクラウドのような拡張性・自由度の高さを備えた新しいホスティングサービスです。

■特徴1:サーバー運用に要される時間やコストの低減が可能
 「マネージドクラウド」プランは、サーバー運用の専門知識は不要でご利用いただけます。運用が手軽で、時間やコストも低減できることから、スタートアップ企業の経営者やWeb担当者などにとっては、内部での開発や事業拡大などの本来の目的に時間・コストを充てることができます。

■特徴2:他のユーザーの影響を受けにくく、リソースの増減設定も簡単
 コンテナ型仮想化技術の採用により、ユーザー毎に独立したサーバー環境上でWebアプリケーションを動作させることができるため、他のユーザーの影響を受けにくい安定した環境をご利用いただけます。
 また、サーバーの負荷状況にあわせて自動的にコンテナを拡張する、ワンクリックで設定できる「オートスケール機能」を備えています。この機能を設定しておくことで、急なトラフィックの増加が起きても、サイト表示の遅延を防ぐことができ、快適なWebサービス運営を行っていただけます。

■特徴3:インストールやセットアップ不要で様々な言語やアプリケーションを利用可能
 面倒なインストールやセットアップ作業を行う必要なく、PHP、WordPress、Ruby on Rails、Node.jsのアプリケーション実行環境を簡単に構築することができます。

【「マネージドクラウド」プラン正式版の概要】

提供開始日2018年4月18日(水)
利用料金(税抜)■月額基本料金:980円
■「オートスケール機能」ご利用料金:
コンテナの拡張数が所定の量を超えた場合、従量課金制 2円/20分
*ご利用の上限金額は設定可能です。
サービスサイトhttps://mc.lolipop.jp/
オープンβ版公開時からの主な追加・改修機能(1)無料SSLが利用可能になりました。
(2)利用料金がリアルタイムで可視化できるようになりました。
(3)利用できる各言語を最新版に変更いたしました。
(4)システム安定化のための各種メンテナンスを実施しました。
備考・現在オープンβ版のご利用のお客様は、自動的に正式版に切り替わります。
・「マネージドクラウド」プランは、オープンβ版からご利用のお客様はもちろん、新規お申し込みのお客様も、2018年6月末まで無料でご利用いただけます。

【今後の取り組み】

■ペパボ研究所・九州大学の共同研究成果の導入について
 GMOペパボでインターネットに関する新技術の創造と実践に取り組む研究開発組織「ペパボ研究所」と、国立大学法人九州大学 情報基盤研究開発センターの共同研究開発チームが現在行っている共同研究開発の成果は、引き続き「マネージドクラウド」プランへ導入していく予定です。

■今後の機能追加やイベントの実施について
 「マネージドクラウド」プランでは、今後もお寄せいただいたご意見やご要望を活かした機能追加や機能改修を行ってまいります。
 また、「マネージドクラウド」プランについてより理解を深めることができるイベントを実施する予定です。詳細が確定次第、「マネージドクラウド」プランのサイト上で発表いたします。

<イベント予定>

5月22日(火)マネージドクラウドハンズオンイベント(東京)
5月23日(水)マネージドクラウドユーザーミートアップ(東京)

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別