レンタルサーバー「ロリポップ!」が最新のPHP7.1.1に対応 ~独自アーキテクチャで提供中のモジュール版PHPはレスポンス速度が5.5倍に~

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するレンタルサーバー「ロリポップ!」は、本日2017年2月9日(木)よりPHP7.1.1(※1)に対応いたしました。
 PHP7.1.1は、従来のPHP5.6と比べて実行速度の高速化が可能なPHPの最新バージョンです。「ロリポップ!」で提供している「モジュール版PHP」(※2)において、最新のPHP7.1.1と従来のPHP5.6でパフォーマンス測定を行ったところ、レスポンス速度は約5.5倍に向上いたしました。
 WordPressをはじめ、PHPプログラムを使用したWebサイト運営においては、バージョンをPHP7.1.1に切り替えていただくことで、サイト表示のさらなる高速化が期待できます。

(※1)PHPとは、データベースと連携した動的なWebページを実現するプログラミング言語の一種。
(※2)PHPの実行方法の一つ。WebサーバーのソフトであるApache(アパッチ)の拡張機能で直接処理するため、もう一つの実行方法であるCGI版PHPと比べて、動作速度の高速化が実現できる。

ロリポップ! PHP7.1.1対応

【PHP7.1.1対応の背景】

 「ロリポップ!」は、2001年に提供開始して以来、個人から法人まで多くのお客様にご支持いただき、現在、約200万のWebサイト運営を支えるレンタルサーバーです(2017年2月8日時点)。2017年1月には、インターネット産業の発展とともに多様化したお客様層や用途に合わせ、より今のお客様に寄り添い、最適かつ幅広い価値を届けられるサービスとなるべく、「すぐに使える、ずっと使える」を新たなキャッチコピーに、リブランディングいたしました。
 近年、スマホやSNSの普及により情報伝播スピードが加速したことで、SNSを活用した商品やサービスのプロモーション展開が一般的に行われるようになりました。その一方で、SNSで話題に上ったことによりWebサイトに大量のアクセスが集中し、サーバーへの負荷からサイト表示に時間がかかることで、閲覧者がページを離脱してしまうケースも見受けられるようになりました。
 「ロリポップ!」では、こうしたお客様の機会損失を防ぐべく、これまでも「転送量制限の緩和」(※3)や、同時アクセスするユーザー数の制限を一時的に緩和する「同時アクセス数拡張」など、より快適にWebサイトを運営いただくための取り組みを行っています。
 この取り組みの一環として、本日2017年2月9日(木)より、最新のPHP7.1.1に対応いたしました。これにより、お客様が運営するWebサイトにおける表示速度の大幅なパフォーマンス向上が見込めます。

(※3)Webサイトを表示する際に、サーバー側から送られるデータ量(1日単位)の制限のこと。レンタルサーバーでは、他のユーザーへ影響を及ぼさないように設けられている。

【バージョンの切り替えについて】

 「ロリポップ!」では、PHPの実行方法として共用レンタルサーバーで一般的な「CGI版PHP」(※4)に加え、独自開発により実現した「モジュール版PHP」も提供しています。本日より「スタンダードプラン」「エンタープライズプラン」を新規でお申し込みいただいたお客様は、「CGI版PHP」「モジュール版PHP」の双方でPHP7.1.1をご利用いただけます。既存のお客様は、まずは「CGI版PHP」において、PHP7.1.1をご利用いただけます。
■「モジュール版PHP7.1.1」でさらに快適に
 共用サーバーでの「モジュール版PHP」提供は、WebサーバーのソフトであるApache (アパッチ)権限でPHPが動作するため、個々のユーザー領域の設定ができず、セキュリティに問題がありました。「ロリポップ!」では、独自に開発した権限分離アーキテクチャにより、「モジュール版PHP」の高速性能を維持しつつ、安全に権限分離できる環境を構築しています。この「モジュール版PHP」でPHP7.1.1をご利用いただくことで、高いセキュリティを保ちつつ、より一層レスポンス速度の高速化を実現することができます。
 既存のお客様のご利用環境における「モジュール版PHP」のPHP7.1.1への切り替えは、2017年内に順次実施いたします。早期に切り替えを希望されるお客様は、「ユーザー専用ページ」内よりお問い合わせください。
「ロリポップ!」プラン別PHP実行方法
エコノミープランCGI版PHPのみ
ライトプランCGI版PHPのみ
スタンダードプランCGI版PHP/モジュール版PHP
エンタープライズプランCGI版PHP/モジュール版PHP

(※4)PHPの実行方法の一つで、Webサーバーとは別のプロセスでPHPを実行することから安全性を担保できる。

【「モジュール版PHP7.1.1」のパフォーマンス測定】

ロリポップ! グラフ
 「モジュール版PHP」において、従来のPHP5.6と、最新のPHP7.1.1とで、同一条件のもとパフォーマンス測定(※5)を行い、レスポンス速度を比較しました。その結果、PHP7.1.1のレスポンス速度が、従来のPHP5.6に比べて約5.5倍に向上していることを確認いたしました。
 このことから、アクセスの集中によるサーバーの高負荷で、通常はWebサイトの表示速度が遅延してしまう場合でも、速いレスポンスを維持し続けることが期待できます。
 この安定した高速レスポンスは、サイト規模が大きいほど、実感いただけます。  
  (※5)1秒間あたりの同時接続数を100として計測。

【今後の展開】

 「ロリポップ!」は2017年1月11日にリブランディングを実施し、ブランドロゴとサービスサイトのデザインを一新いたしました。2001年から親しまれたポップなデザインの変更に、お客様からは驚きの声もありましたが、時代のニーズに即し使いやすさを追求したリブランディングに期待の声をいただいております。今後は、「ユーザー専用ページ」の改修(年内予定)や、他社との積極的な協業など、機能改善のみならず、Webサービス業界の枠を超えた先進的な取り組みを反映させ、サービスの拡充を行ってまいります。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別