ハンドメイド作品のオンラインマーケット「minne(ミンネ)」と手芸用品の専門店を展開する「藤久(ふじきゅう)株式会社」が 『ハンドメイド大賞』を開催~ものづくりにゆかりのある著名な審査員が多数参加~

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、GMOペパボ)が運営するハンドメイド作品のCtoCオンラインマーケット「minne(ミンネ)」は、全国に手芸用品専門店を展開する藤久株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:後藤薫徳(しげのり) 以下、藤久)と共同で、創意工夫を凝らしたハンドメイド作品を発掘・表彰するコンテスト『ハンドメイド大賞』を本日2014年9月18日(木)より開催いたします。
 本日から11月14日(金)までの期間、一般の方から広くハンドメイド作品を募集し、運営スタッフの一次審査によって100~150作品のノミネート作品を決定後、審査員審査や一般投票(※1)で大賞と各賞を決定いたします。なお、受賞作品・作家の発表と授賞式は2015年2月中旬に実施する予定です。

minne_20140917_01.jpg

※1:一般投票は、「テーマ別優秀賞」の中の「話題賞」のみに適用される審査基準となります。


【『ハンドメイド作品大賞』の背景・目的】
 GMOペパボが提供する「minne」は、個人が手軽にハンドメイド作品の展示や売買を行えるCtoCオンラインマーケットです。国内の同様のサービスの中でいち早くスマートフォンアプリの提供を開始したほか、作家が出店する形式のリアルマーケットイベントや、ハンドメイド初心者向けのワークショップなど、実際に作品を手にとりながらユーザー同士が交流できる場を提供しています。
 こうしたオンライン/オフラインの枠にとらわれない取り組みがユーザーの方からご好評をいただき、現在では出品作品50万点以上、国内ハンドメイドCtoCオンラインマーケットの中では登録作家数No.1(※2)を達成しております。
 一方、藤久は、「クラフトハートトーカイ」をはじめとする手芸用品専門店を全国に450店舗以上展開しているほか、布地から陶芸用品まで、手芸関連の商品を幅広く扱う国内最大級の手芸用品インターネット通信販売サイト「シュゲールドットコム」を運営しています。また、商品販売にとどまらず、各実店舗において実施している講習会やワークショップも人気を集めており、初心者から上級者まで多くのハンドメイド愛好家から親しまれています。
 そしてこの度、「minne」を通じてクリエイターの活動を支援したいと考えているGMOペパボと、手芸用品や素材を通じて多くの方に手作りの楽しさを知ってもらいたいと考える藤久は、様々なジャンルのハンドメイド作品を発掘・表彰するコンテスト『ハンドメイド大賞』を共同で企画・開催することといたしました。

※2:2014年8月31日時点minne登録作家数(商品提供ユーザー数)約5万人。
(国内ハンドメイドCtoCオンラインマーケット運営主要5社の公表登録作家数を比較【当社調べ】)


【『ハンドメイド大賞』について】
 『ハンドメイド大賞』では、最も優秀な作品に贈られる「大賞」のほか、各応募作品カテゴリでの優秀作品に贈られる「部門賞」、ユーモアにあふれた作品や優れた技術で制作された作品に贈られる「テーマ別優秀賞」、ものづくりにゆかりのあるゲスト審査員が選んだ作品に贈られる「ゲスト審査員賞」、ハンドメイド用品を取り扱う協賛企業各社が選んだ作品に贈られる「企業賞」の、合計5つの賞を選出いたします。
 また、「テーマ別優秀賞」の中に設置している「商品化賞」を受賞した作品は、一般の方でも受賞作品を簡単に作れるように素材や道具をパッケージにした「手作りキット」として藤久が商品化し、販売する予定です。
 本日より11月14日(金)までの期間、「minne」のWEBサイト・アプリ上で作品を募集し、「minne」と藤久による一次審査を経て100~150作品のノミネート作品を決定後、ゲスト審査員の審査や、一般からの投票で大賞および各賞の受賞作品を決定いたします。各賞の受賞作品は2015年2月中旬に実施予定の授賞式で発表いたします。

<ゲスト審査員>
 今回の『ハンドメイド大賞』では、衣装デザイナーとして注目を集めている篠原ともえさんや、自らの手芸作品を収めた書籍『男子がもらって困るブローチ集』などが話題の光浦靖子さん、彫刻家として雑誌連載をもつ片桐仁さんといったデザインやアート、ハンドメイド業界の著名人7名にゲスト審査員として、作品の審査にご参加いただく予定です。

minne_20140917_001.jpg minne_20140917_002.jpg minne_20140917_003.jpg
篠原 ともえ(タレント・アーティスト)
光浦 靖子(タレント)
片桐 仁(俳優・彫刻家)


minne_20140917_004.jpg minne_20140917_005.jpg minne_20140917_006.jpg minne_20140917_007.jpg
速水 真理
(CLASKAプレス)
大図 まこと
(クロスステッチデザイナー)
鈴木 修司
(BEAMSバイヤー)
鈴木 美帆
(once A monthバイヤー)


<『ハンドメイド大賞』開催概要>
公式サイト http://minne.com/topics/handmade-award
応募期間 2014年9月18日(木)~2014年11月14日(金)
一次審査通過発表 2014年12月1日(月)
■100~150作品を選出
■一次審査通過者の方にはシュゲールドットコムで使用できるお買い物ポイント500円分を進呈いたします。(ポイントの付与・ご利用には、シュゲールドットコムへの会員登録が必要となります)
各賞発表・授賞式 2015年2月中旬
応募方法 ■「minne」WEBサイト・アプリから、「ハンドメイド大賞」の出品作品である旨を記載し、「展示品」として作品情報をアップロードしてください。(販売作品での応募はできません)
■作品は未発表のものに限ります。
■本コンテストへの応募には、「minne」へのユーザー登録が必要となります。
■1人何点でも応募が可能です。
協賛企業 オリムパス製絲(株)、 (株)KAWAGUCHI、 川村製紐工業(株)、 (株)コッカ、 蛇の目ミシン工業(株)、 (株)ジューキ、 (株)シンガーハッピージャパン、 スワロフスキー・ジャパン(株)、 トーホー(株)、 日本編物工業(株)、 (株)日本ヴォーグ社、 (株)パジコ、 (株)フジックス、 (株)ブティック社、 ブラザー販売(株)、 (株)ミササ、 (株)MIYUKI、 (株)木馬、 横田(株)、 (株)ルシアン (以上、50音順)


<『ハンドメイド大賞』各賞および副賞一覧>
大賞
(1名)
■総合審査で最優秀作品に贈られる賞
<副賞>

1)賞金50万円
2)「minne」特設ページでインタビュー記事および作品紹介記事を掲載
部門賞
(各1名/計5名)
■各部門で最も優れた作品に贈られる賞
アクセサリー/バッグ・財布・小物/ファッション/ベビー・キッズ/文具・ステーショナリー
<副賞>

1)賞金10万円
2)「minne」特設ページでインタビュー記事および作品紹介記事を掲載
テーマ別優秀賞
(各1名/計5名)
■独創的な視点で制作された作品に贈られる賞
商品化賞/話題賞/アイデア賞/こだわり賞/技術賞
<副賞>

1)クラフトグループ店舗で使用できるお買い物券(※3)1万円分
2)「minne」特設ページでインタビュー記事および作品紹介記事を掲載
3)「商品化賞」に選ばれた作品は、一般の方が簡単に作品を作ることのできる
「手作りキット」として藤久が商品化し、販売いたします。
企業賞
(各社1名/計20名)
■協賛企業20社がそれぞれ1作品ずつ選んだ作品に贈られる賞
<副賞>

各協賛企業から提供される賞品を贈呈
ゲスト審査員賞
(各1名/計7名)
■ゲスト審査員が選んだ作品に贈られる賞
<副賞>

クラフトグループ店舗で使用できるお買い物券1万円分(※3)

※3: 藤久株式会社が運営する手芸専門店(クラフトハートトーカイ・クラフトパーク・クラフトワールド・クラフトループ)各店舗で使用可能。


【今後の展開】
 GMOペパボと藤久は、GMOペパボの掲げる企業理念“もっとおもしろくできる”と、藤久の掲げる企業理念“手芸・雑貨を通して豊かな暮らしをご提案”のもと、『ハンドメイド大賞』の開催に続き、今後も双方のユーザーに楽しんでいただけるイベントを企画してまいります。
 両社は、共同で国内ハンドメイド市場を盛り上げる取り組みを行っていくことで、ものづくりやデザインの分野で活躍するクリエイターの育成や、伝統の技術や素材の良さを世の中に広める一助となれればと考えております。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別