クリエーター向けレンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」 データを別ロケーションで毎日自動保存する『バックアップオプション』を提供開始 ~月額700円の低価格なオプション費用で、7日前まで容量制限なしでバックアップ~

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長 佐藤 健太郎 以下、ペパボ)は、クリエーター向けレンタルサーバー「heteml」において、7日前までのデータを別ロケーションで毎日自動保存する、月額700円(税込)のオプションサービス『バックアップオプション』の提供を本日2013年8月21日(水)より提供開始いたしました。
heteml_backup.jpg

【バックアップオプションの提供背景】
 Webサイト運営において、FTPの誤操作や、悪質なWebサイトの改ざん、サイト修正時によるバグの発生などといった予期せぬトラブルによるデータ破損・消失被害を防ぐために、データバックアップは欠かせないものとなっています。
しかしながら、複数のWebサイト運営をしている制作者において、日々増加し続けるデータのバックアップを定期的に行い続けることは時間とコストにおいて大きな作業負担となっています。
 そこで「heteml」では、Web制作者の方により安心で快適なサイト運営環境を提供するべく、この度、月額700円(税込)という低価格で、7日前までのデータを別ロケーションに容量制限なしで毎日自動保存するオプションサービス『バックアップオプション』を提供することといたしました。

【hetemlのバックアップオプションの主な特徴】
(1)別ロケーション保存
 バックアップデータの保管場所は、リスク分散を行うために非常に重要な要素となります。「heteml」の『バックアップオプション』で保管されるデータは、実稼働サーバーとは別筐体のサーバーに保管されるのはもちろんのこと、別ロケーションのデータセンターにバックアップ専用ストレージを設置するため、自然災害などのリスクに備えることができます。

(2)低価格
 オプションサービスで月額700円(税込)という低価格でありながら、最大7日前までのデータ(7世代分)を1日1回自動で保存します(※1)。またバックアップデータのディスク容量は無制限なので、容量が増えても、追加料金はかからず安心してご利用いただけます。

(3)いつでもバックアップデータへのアクセスが可能
 通常、バックアップデータが必要になった場合には、サーバー事業者へデータの取得依頼を行わなければならないため、該当のデータにアクセスできるまで数日を要します。一方、「heteml」の『バックアップオプション』では、FTPソフトからバックアップ専用ストレージにいつでもアクセスが可能です。7日間分のデータの中から必要なデータを閲覧して、必要なデータだけをダウンロードできるので、万が一の事態でデータを失った場合でも、サイトの復旧を迅速に行うことが可能です。

(4)データベースはワンクリックで復元(リストア)が可能
 データベース領域におけるデータをワンクリックで復元できるツールをご用意いたしております。これにより、データベースの取り扱いが得意でない方でも、新しく作成したデータベース上に、簡単にデータ復元させることができます(※2)。

(5)セキュリティ対策
 第三者による不正なログインからお客様の大切なバックアップデータを守るため、バックアップデータへのFTPアクセスには、コントロールパネルから有効期限付きのパスワードを発行できるワンタイムパスワードを採用しています。

(※1):バックアップデータの作成は1日1回となります
(※2):MySQL5以上のバージョンが対象となります

【hetemlバックアップオプション 概要】(金額は全て税込)

利用料金:月額700円
バックアップデータの保存量:7日間分のデータを容量無制限
バックアップ対象領域:Web領域、データベース領域
バックアップデータの作成:1日1回

※バックアップオプションは「heteml」利用者様向けサービスです。(初期費用:3,950円 月額利用料:1,500円)

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別