開発者向けクラウドホスティングサービス「Sqale(スケール)」正式版を提供開始~Ruby on Rails※1対応、月額940円から利用可能な開発に専念できるクラウド~

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)は、2012年5月からクローズドβ版として提供していた開発者向けクラウドホスティングサービス「Sqale(スケール)」を本日2012年8月22日(水)から正式に提供開始いたしました。
※1:スクリプト言語のRubyによって構築されたオープンソースのWebアプリケーション開発フレームワーク。

【開発者のためのクラウドホスティングサービス「Sqale」】

 paperboy&co.は2003年の創業以来、初心者向けレンタルサーバー「ロリポップ!」やクリエイター向けレンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」など、個人のニーズに応じたホスティングサービスを展開し、これまで100万人を超えるユーザーにご利用いただいています。
 この度正式に提供開始した「Sqale」は、『手っ取り早く。やりたいことだけ。』をコンセプトに掲げ、開発者がWebサービスの開発に専念できる環境をご提供する、月額940円からのクラウドホスティングサービスです。
 近年では、趣味としてWebサービスを開発する開発者も増えており、VPS※2をはじめとする開発者向けホスティングサービスの需要が増加しています。しかし、Webサービスを公開・運営するためには、サーバーのセットアップやメンテナンスを自身で行う必要があり、開発に集中したい開発者にとって大きな負担となっていました。
 paperboy&co.は、このような開発者のサーバー管理・運用の負担に着目し、開発者がサービス開発だけに専念できるよう、手軽にWebサービスを公開・運営できるクラウドホスティングサービス「Sqale」を開発いたしました。また『Ruby on Rails』に対応したことで、従来はレンタルサーバーでのご利用が難しかったフレームワークをクラウドで気軽にご利用いただけます。
※2:1台のサーバー上にあたかも専用サーバーのような独立した領域(仮想専用サーバー)を動作させることで、共用サーバーでありながら高い拡張性能を併せ持つレンタルサーバー。

■サーバーの専門知識は不要!コードをデプロイ※3するだけで、手軽にWebサービスを公開可能

 「Sqale」は、『アプリケーション』と呼ばれる仮想サーバーにコードをデプロイするだけで、すぐにWebサービスを公開できるのが特長です。面倒なサーバーのセットアップを行う必要がないので、サーバー技術の専門知識がない開発者の方でも手軽にWebサービスを公開できます。また、Webサービスの公開後もサーバーメンテナンスを行う必要がないので、運用に手間がかからず快適にお使いいただけます。
※3:Webサービスなどを開発環境から、実際に利用可能となるステージング環境(本番環境)へと展開すること。

Sqale_pic1.png
▲Webサービス公開までの流れ


■急なアクセス増加にも柔軟に対応、付け替え可能な追加サーバー『コンテナ』

 従来のホスティングサービスでは手間と時間のかかるサーバーの追加や解除が、「Sqale」では管理画面から簡単に行えます。急なアクセスの増加でサーバーの増強が必要になった際は、『コンテナ』と呼ばれる追加サーバーを『アプリケーション』に追加するだけで、すぐにパフォーマンスをアップすることができます。また『コンテナ』は解除も容易なので、公開したWebサービスの規模や状況に応じたご利用が可能です。

Sqale_pic2.jpg
▲「Sqale」の管理画面。『割り当てる』『解除』ボタンで
『コンテナ』の追加・解除が簡単にできる


■「Sqale」の概要

サービス名「Sqale(スケール)」
URLhttp://sqale.jp/
月額利用料(税込)1アプリケーションにつき940円/1コンテナにつき940円
※15日間の無料お試し期間あり(アプリケーションのみ)
サービスロゴSqale_logo.gif
キャラクターキャラクターデザインはGitHubや初代Twitterバードのデザインを手がけたSimon Oxley氏が担当しています。
Sqale-character.gif
▲ 左:Dongle(ドングル)、右:Repogee(リポジー)
決済方法クレジットカード決済
対応言語Ruby (年内にPHPにも対応予定)
フレームワークRuby on Rails、Sinatra等のRackアプリケーションに対応
ディスク容量1アプリケーションにつき2GB/1コンテナにつき2GB
メモリ512MB
独自ドメインの利用可能
SSHによるログイン可能
ファイル管理Git/SFTP
特徴・Webサービスの成長に合わせて、サーバーの規模を柔軟に変更可能
・大量のアクセスが集中した際の負荷分散機能の提供
・Twitter、Facebook、GitHub※4のソーシャルログイン機能が利用可能
※4:GitHub社の提供するソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス。

■今後の展開について

 「Sqale」では、今後もユーザーから寄せられたご意見・ご要望をもとに随時機能追加を行なっていくほか、年内には非同期処理、キャッシュ機能、Ruby以外の言語対応といった機能の提供を予定しています。また、「Sqale」での開発体験イベントやセミナーの開催を通じて、ベテラン開発者はもちろん、これからプログラミングを始めたいという方にもご利用いただける機会の創出を目指してまいります。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別