「パブー」外部の電子書籍販売ストアへ作品を配信できる「外部ストア連携機能」を提供開始~第1弾は「koboイーブックストア」、海外への配信・販売も可能に~

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)の連結会社で、電子書籍関連事業を展開する株式会社ブクログ(代表取締役:吉田健吾 以下、ブクログ社)は、電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」において作成・公開した電子書籍を、外部の電子書籍販売ストアへ配信できる「外部ストア連携機能」を本日2012年8月9日(木)より提供開始いたします。

【「パブー」の外部ストア連携機能について】

 「パブー」は個人の方でも手軽に電子書籍を作成・公開・販売ができる電子書籍作成・販売プラットフォームです。2010年6月22日のサービス開始以来、現在までに約2万5,000作品の電子書籍作品が公開されています。(2012年7月末現在)
 今回「パブー」が提供開始する「外部ストア連携機能」は、「パブー」以外の電子書籍販売ストアへも作品を広く配信したいと希望される方へご提供するオプション機能です。これまで個人では作品を販売することが難しかった外部の電子書籍販売ストアへ「パブー」を通じて簡単に配信できるため、より多くの読者へ作品の公開・販売が可能になります。

puboo_release_flow.gif
▲「パブー」の外部ストア連携機能のイメージ

■第1弾は、楽天グループが運営する「koboイーブックストア」

 外部ストア第1弾として、楽天グループのKobo Inc.が運営する「koboイーブックストア」への配信機能を提供開始いたしました。これにより「パブー」でEPUB※1生成された電子書籍を有料・無料問わず「koboイーブックストア」へ配信することが可能になります。
 また、「koboイーブックストア」で公開・販売されている電子書籍は、日本を含む世界190カ国、約900万人に愛用されている電子ブック「楽天kobo(コボ)」で閲覧することが可能なため、個人が作成した電子書籍作品を国内外のkobo ユーザーへ広く提供できるようになります。また、koboのソーシャル連携機能を活用して、作品のセルフプロモーションを図ることも可能になります。
※1:電子書籍リーダーや、スマートフォンなどで閲覧可能な電子書籍用フォーマット。

<「外部ストア連携機能」 概要>

対象書籍外部ストア連携機能をご希望される方の電子書籍
有料販売手数料※2販売価格の50%~60%(外部ストア販売手数料含む)
・外部ストアの販売手数料によって、手数料が変動いたします。
購読料の設定無料/有料の場合は最低10円から
配信開始日2012年8月中旬予定
※2:外部ストア連携機能を使わず「パブー」のみで販売する場合は、手数料はこれまでと変更ありません(販売価格の30%)

■今後のパブーの展開について

 「パブー」では、「koboイーブックストア」を皮切りに、外部ストアとの連携を積極的に図り、作者が電子書籍作品を広く提供・販売できる機会を提供してまいります。また、「パブー」では、年内に提供を予定している読者が価格を決めて電子書籍作品を購入できる「投げ銭」機能をはじめ、今後もインターネットならではの新しいセルフパブリッシング(個人出版)サービスを提案し、ユーザーが電子書籍を気軽に販売・購入できる機会の拡大を図ってまいります。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別