電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」『第2回 絵本コンテスト』受賞作が決定!~大賞は関西弁の"わごむ"が活躍する『へんしん わごむくん』~

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)は、「ブクログ」が提供する電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」において、2011年10月11日(火)から開催している『パブー作家発掘プロジェクト#3 第2回 絵本コンテスト』の受賞作品が決定いたしましたので、お知らせいたします。
icon_puboo.png

 『パブー作家発掘プロジェクト』とは、個人による電子書籍出版の活性化および新たな才能・個性を持ったクリエイターの発掘を目的としたプロジェクトです。『パブー作家発掘プロジェクト』第3弾となる『第2回 絵本コンテスト』では、オリジナルの絵本作品を募集する「オリジナル絵本部門」と本の挿絵を募集する「挿絵部門」の2部門を設け、絵本作家きむらゆういち氏とイラストレーターの松尾たいこ氏に加え、日本公文教育研究会が運営する絵本・育児コミュニティサイト「ミーテ」の会員や、日頃から絵本を読んでいる親子を審査員に迎えて開催いたしました。

 2011年10月11日(火)~11月10日(木)の期間にご応募いただいた絵本の電子書籍作品184作品の中から「ブクログ」とTwitterでの一般投票と審査員による審査によって、各部門の受賞作品が選出されました。

【オリジナル絵本部門 大賞作品】 賞金30万円
contest_hensin.jpg受賞作品 : 『へんしん わごむくん』
受賞者 : 小坂 タイチ
○作品概要
関西弁の「わごむくん」と、その仲間たちの楽しい日常を描いた作品。どんな形にもなる輪ゴムの特徴を活かしたストーリーや、シンプルながらデザイン性にすぐれたイラストが審査員から高く評価されました。
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/317825
○受賞者コメント
この度はとてもすばらしい賞を頂きましてありがとうございます!
メールにて受賞のご連絡を頂いたときには手が震えました。わごむくんが生まれたのは2007年で、描き続けてかれこれ4年になります。初めは1年生だった娘に読ませる為だけに、手作りで製本した絵本がきっかけでした。
子供が興味を持つように「変身」をテーマに、わごむくんがアクシデントを乗り越えたり、わごむくんがいろんな工夫をして活躍したりする内容で、シンプルでわかりやすいクスッと笑えるものをねらって考えだしました。ずっと大事にしてきたキャラクターが今回のコンテストで大きな評価をいただくことができ、本当に嬉しく思っております。きっかけを与えてくれた娘や、その娘を生んでくれた家内、そしてわごむくんに触れていただいた全ての人に感謝しております。これからも、ますます人の心に残るような作品を描き続けていきたいと思っております。

【オリジナル絵本部門ミーテ賞 受賞作品】 賞金5万円
contest_ika.jpg受賞作品 : 『いかごっこ』
受賞者 : かっぱ
○作品概要
女の子がイカの真似をして遊びながら、普段とは違う目線で色々なものを発見していくお話です。ぬくもりの感じられるやわらかい色彩にも人気が集まりました。
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/12138

【オリジナル絵本部門おやこ審査員賞 受賞作品】 賞金3万円
contest_sore.jpg受賞作品 : 『それっ!へんしんだ!』
受賞者 : はらだ ゆうや
○作品概要
何にでも変身できる、元気な男の子のお話。まだ文字が読めない小さなお子様にも楽しめる作品です。
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/38379

■審査員の講評
contest_kimura.jpgきむらゆういちさん 絵本作家
<『へんしん わごむくん』についてのコメント>
たくさんのアイディアをオムニバスで表現していたのが面白い。10本アニメのように「わごむくんアニメ」がまだまだ作れそう。次はどうなるのか楽しみでページをめくった。デザイン的な絵も合っている。
contest_matuo.jpg松尾たいこさん イラストレーター
<『へんしん わごむくん』についてのコメント>
わごむに顔をつけるというところで意表をつかれました。どこに顔をつけるかと思ったら、そこは「空間」じゃないですか!どこまでも自由な表現とわごむの自由さ、どちらもうらやましくなるような楽しいお話だなあ。
contest_meete.gifmi:teミーテ 絵本・育児コミュニティサイト
<『いかごっこ』についてのミーテ会員コメント>
女の子が家の中のものを「いか」になって見るというのが、子供が読み聞かせ後に家の中でやってくれそうで、読んでいる間だけでなく、読んだ後も楽しめる絵本だと思いました。タイトルを見て「いかごっこって何?」と最初に思い、どんな内容なのか気になり、読んでいて次はどんなものが出てきて、どんな風に見えるのかな?とわくわくしました。このわくわく感を自分の子供にも感じて欲しいと思いました。
contest_kengochi.png吉田健吾 株式会社paperboy&co. パブー プロデューサー
<『それっ!へんしんだ!』についてのコメント>
ほんわかした絵柄がかわいらしくて楽しい。日常や動物園で見たことのある動物ばかりが登場するので、子供は喜びそうです。自分の子供に読んであげたら、子供が絵本の真似をして変身遊びをするだろうなと想像できますね。


【挿絵部門】 賞品:Amazonギフト券2万円分
 「挿絵部門」では『えほんのアリス』(作:ルイス・キャロル/訳:大久保ゆう)の挿絵を募集しました。
優秀賞優秀賞
contest_kai.jpgcontest_hiiragi.jpg
受賞作品 : 『えほんのアリス』
受賞者 : かい ななえ
受賞作品 : 『えほんのアリス』
受賞者 : 柊なつの
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/36176
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/36858

優秀賞
contest_juli.jpg
受賞作品 : 『えほんのアリス』
受賞者 : じゅり
○作品URL
http://p.booklog.jp/book/39358


 『第2回 絵本コンテスト』公式サイトでは、各賞受賞作品の他に、全応募作品をご覧いただくことができます。


■オリジナル絵本部門 入選作6作品を音声朗読ePubファイル化

 『第2回 絵本コンテスト』では、音声読み上げePUB開発を手がける株式会社マインドピースの制作協賛のもと、「オリジナル絵本部門」の受賞作品を含む一次審査を通過した入選作6作品を、iPhoneやiPadで音声朗読が楽しめる電子書籍として無料公開しています。iOS専用の電子書籍リーダー「iBooks」で各作品のePubファイルを開くと、音声朗読が再生されます。

【パブーについて】
 「パブー」は、個人の方でも手軽に電子書籍を作成・公開・販売ができる電子書籍作成販売プラットフォームです。2010年6月のサービス開始以来、ユーザー数は4万人を突破しており、現在約19,000作品が公開されております。(2011年12月16日現在。ユーザー数は読者ユーザー、執筆ユーザーの合算)

【関連URL】
▼パブー作家発掘プロジェクト#3 『第2回 絵本コンテスト』
 http://p.booklog.jp/contest/03/
▼パブー作家発掘プロジェクト#1 『第1回 絵本コンテスト』
 http://p.booklog.jp/contest/01/

※iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別