山本文緒ほか、エンタメ系女性作家10名の作品を一気読み!オール書き下ろしの震災チャリティ文芸電子書籍『文芸あねもね』2011年7月15日より「パブー」で発売開始!

■10人の女性作家による震災チャリティ文芸電子書籍『文芸あねもね』
 『文芸あねもね』は、プロ女性作家の短編・中編小説全10作を収録したチャリティ文芸電子書籍です。本作の売上は東日本大震災への義援金として、全額寄付されます。直木賞受賞作家の山本文緒のほか、「女による女のためのR-18文学賞」受賞作家である宮木あや子・吉川トリコなど、チャリティ電子書籍企画の趣旨に賛同した豪華執筆陣10人が一堂に会しました。友情小説・本格文芸小説・私小説風小説・文芸業界の暴露小説など個性豊かな10作品を、400字詰め原稿用紙換算580枚以上の圧倒的ボリュームでお送りします。
 また、発刊にあたり執筆作家自身が積極的にプロモーション活動を行っている点も本誌の特徴で、文芸誌を中心とした多くのメディアで、発刊前から大きな反響を呼んでいます。

puboo_anemone.png


<『文芸あねもね』の特徴>

 本誌に収録されている作品はすべて書き下ろしで、山本文緒の新作『子供おばさん』をはじめとして、2009年以降作家休業中の豊島ミホの新作も収録。また、表紙イラストを担当したのは『本日は大安なり(辻村深月 著)』の表紙で注目を集めたイラストレーター、さやか。エンターテイメント小説誌で活躍する女性作家10名によるオール新作文芸作品を、PDF形式およびウェブブラウザからの閲覧でお楽しみいただけます。


■ 書籍名文芸あねもね
■ 著 者
(五十音順)
彩瀬まる、豊島ミホ、蛭田亜紗子、三日月拓、南綾子、宮木あや子、
山内マリコ、山本文緒、柚木麻子、吉川トリコ
■ 発売日2011年7月15日(金)
■ 価 格380円
■ 販売URLhttp://p.booklog.jp/book/29199
■ 特設サイトhttp://booklog.jp/special/bungei_anemone/


■電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」について

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)が提供する「パブー」は、ユーザーが自身の手で直接、作品を電子書籍として公開・販売することができる電子書籍作成販売プラットフォームです。現在、ユーザー数は36,000名を超え、約13,000作品の電子書籍が公開されております。(2011年7月15日時点)初心者にも扱いやすいインターフェイスで、電子書籍出版をサポートします。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別