電子書籍作成販売プラットフォーム 「パブー」1周年開始1年で会員数3万6,000名、登録作品1万2,000作の国内最大級サービスに

 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)が運営する電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」は、本日2011年6月22日でサービス開始1周年を迎えました。
 「パブー」はこの1年間で会員数3万6,000名、登録作品1万2,000作を超える国内最大級の電子書籍作成販売プラットフォームにまで成長いたしました。今後も作家と読者のコミュニケーションをさらに促進するソーシャル機能の開発など、オンラインならではの執筆スタイルを楽しめる仕組みを提供してまいります。
 なお「パブー」ではこのたびの1周年を記念して、「パブー」で公開されている作品の中から、人気の作品やパブー編集部オススメの作品を紹介する電子書籍「パブー電子書籍コレクション2011」を無料公開いたしました。

【1年で会員数3万6,000名のサービスに成長した「パブー」】


 「パブー」は特別なソフトや専門知識を必要とせず手軽に操作できる本の作成画面や、難しい手続きなしでオンライン販売が始められる決済機能など、初心者にも扱いやすいインターフェイスで電子書籍出版をサポートしております。2010年6月22日のサービス開始以来、多くの方にご愛顧いただき、現在では会員数3万6,000名、登録作品1万2,000作を超える国内最大級の電子書籍出版サービスとなりました。

※会員数は作者ユーザー・読者ユーザーの合算値です。
puboo_graf.png
▲「パブー」ユーザー属性

■「パブー」のユーザー属性


 「パブー」ユーザーは、男女比で男性56%、女性44%と、男性がやや多く、年代別でみると30代が32%と一番利用されており、次いで20代29%、40代20%と、20代~30代のユーザーが過半数を占めています。(2011年6月22日現在)
ジャンル別 作品公開数
puboo_table.png

■作品数の多いジャンルは「小説」、「ビジネス書」、「絵本」


 「パブー」ではサービス開始以来、さまざまなジャンルの電子書籍が公開されております。ジャンル別登録作品数は「小説」が37%と最も多く、プロ・アマを問わず、ファンタジーや純文学を中心とした作品が公開されています。「ビジネス・学習・実用書」も17%と多く、ニッチな資格の参考書や語学の学習書などが多数公開されています。
 その他にも、「絵本」や「漫画」、「写真」も多く、iPadなどのタブレット端末で読みやすい書籍が多数公開されている傾向にあります。

■著名人・企業・官公庁が、電子書籍でさまざまな試みを展開


 「パブー」では、一般ユーザーだけでなく、著名人や企業による電子書籍出版のさまざまな取り組みが行われています。2010年7月に公開された『平成22年版 情報通信白書』は、官公庁発行の白書としては初めて電子書籍化され、現在「パブー」で販売中です。ジャーナリスト佐々木俊尚さんの著作『キュレーションの時代』は、2011年2月の書籍発売と同時に「パブー」にて電子書籍版が発売されました。その他にもプロ作家が電子書籍用に新作を書きおろして公開するなど、電子書籍ならではの新たな試みが続々と行われています。
 その他「パブー」では、東日本大震災に際して、チャリティ本として登録された電子書籍の売上金すべてを義捐金として寄付できるシステムを公開し、作品を発表・購入するユーザーの双方がチャリティに参加できる環境を提供しています。

puboo_2011collection.png
▲ 書籍表紙画像


【「パブー」1年分のオススメが詰まった「パブー電子書籍コレクション2011」の配信を開始】


 サービス開始1周年を記念して、「パブー」で公開された作品の中から、人気の作品、話題の作品、パブー編集部が厳選した作品をご紹介する電子書籍「パブー電子書籍コレクション2011」を無料公開いたしました。今まで電子書籍を楽しんできたユーザーはもちろん、これから電子書籍に触れる方に読んでいただきたい作品を多数紹介しています。

■書籍名パブー電子書籍コレクション2011
■公開日2011年6月22日(水)
■価 格無料
■作品URLhttp://p.booklog.jp/book/28581



※iPadはApple Inc.の商標です。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別