佐々木俊尚 新刊『キュレーションの時代 ~「つながり」の情報革命がはじまる。~』電子書籍版を2011年2月8日(火)より「パブー」で発売開始!

■佐々木俊尚が情報社会の変化を読む、渾身の一作『キュレーションの時代』
 無数の情報から自分の価値観に基づいて情報を拾い上げ、そこに新たな意味を与え、多くの人と共有することを意味する"キュレーション"。Twitter(R)、Facebook(R)、Foursquare(フォースクウェア)などのソーシャルメディアを介して人と人とが情報をやりとりする「一億総キュレーション」時代に突入しようとしている今、『電子書籍の衝撃』『2011年新聞・テレビ消滅』『仕事をするのにオフィスはいらない』など数々の著書を発表してきたジャーナリスト佐々木俊尚が "キュレーション"の持つ可能性について、様々な事例を元にわかりやすく解説します。
sasaki_curation_01.jpg

<『キュレーションの時代』電子書籍版の特徴>
"キュレーション"が、現代のインターネット社会におけるジャーナリズムやプロモーションのあり方を大きく変えようとしている。シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象についても言及した激動の情報社会を読み解く1冊が、ePub・PDF形式でのダウンロードやウェブブラウザからの閲覧といった、様々な形式の電子書籍でお楽しみいただけます。

■ 書籍名キュレーションの時代
「つながり」の情報革命がはじまる。
■ 著 者佐々木 俊尚
■ 発売日2011年2月8日(火)
■ 価 格700円
■ 販売URLhttp://p.booklog.jp/book/18453
■ 特設サイトhttp://booklog.jp/special/curation/



 「キュレーションの時代」特設サイトでは、"キュレーション"というキーワードから、NAVER、Togetter、CREATORS BANKの各ソーシャルコミュニティ運営者による本書レビューをご紹介しております。

※記載されているサービス名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

■電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」について
 GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)が提供する「パブー」は、ユーザーが自身の手で直接、作品を電子書籍として公開・販売することができる電子書籍作成販売プラットフォームです。現在、ユーザー数は17,000名を超え、約6,000作品の電子書籍が公開されております。(2010年11月5日現在)ブログを更新する感覚で操作できる本の作成画面や、難しい手続きなしでオンライン販売が始められる決済機能など、初心者にも扱いやすいインターフェイスで、電子書籍出版をサポートします。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別