次世代インターネット媒体の開発・支援事業の拡大を目指しメディア開発に関する研究を行う「サノウラボ」新設~ソーシャルグラフを活用したメディア開発を本格化~

 GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズ株式会社(代表取締役社長:高橋信太郎 以下、GMOアドパートナーズ)は、株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、paperboy&co.)の株式取得を機に、次世代インターネット媒体の開発・支援事業を拡大するべく、ソーシャルグラフ(*1)への対応や、高度なアドテクノロジーに対応する研究を行う新組織を設置いたします。  GMOアドパートナーズは、従来から進めてきたモバイル領域でのメディア開発に加え、PC領域でのメディア開発を本格的に推進するために設置した「メディア開発本部」内に、主にソーシャルメディアの研究開発をミッションとする部署「サノウラボ」(室長:高橋信太郎)を新設いたします。「サノウラボ」での研究開発を進めるにあたって、paperboy&co.に共同での研究主幹としてご協力をいただき、さらにウノウ株式会社、Exys株式会社、株式会社インディソフトウェアに研究協力会社としてご協力をいただきます。
(*1)ソーシャルグラフ…ウェブ上における人の相関関係やその結びつきの情報のこと。

【「サノウラボ」の設立・共同主幹の背景】
 GMOアドパートナーズはメディアレップ事業およびSEM事業を展開し、独自にモバイル媒体の開発も行っています。一方、paperboy&co.は、2005年より社員の自主的なサービス研究を支援する「ペパ研」やスピード感と直感力を重視した短期間の開発合宿「お産合宿」など、社員による最先端のテクノロジーやサービスに関する研究開発の支援を行っています。
 両社はそれぞれの強みを生かし協力することで、成長著しいソーシャルメディア領域において次世代のインターネット媒体の開発を目指し、GMOアドパートナーズ内に新組織「サノウラボ」を設置し、研究開発の主幹を共同で務めることとなりました。

【「サノウラボ」概要】












新組織名
サノウラボsanow.png
設置日
2010年10月8日
室長
高橋 信太郎(GMOアドパートナーズ株式会社 代表取締役社長)
研究主幹
GMOアドパートナーズ株式会社
株式会社paperboy&co.
協力会社
(50音順)
Exys株式会社
株式会社インディソフトウェア
ウノウ株式会社


【「サノウラボ」の研究・開発の領域】


 インターネットメディアの中でも特に成長が著しいソーシャルメディア領域において、特にソーシャルグラフを活用した新たなサービスの開発・展開を本格化します。
















(1) 次世代インターネット媒体の企画・開発
(2) メディア企業への投資・育成
(3) インターネットメディアマネタイズ支援
(4) 高度なアドテクノロジーへのメディアの対応支援
(5) 個人・法人を対象とする次世代インターネット媒体のコンテストなどを実施

RSSを購読する

月別