オリジナルSNS構築サービス「Grouptube(グループチューブ)」で参加者以外の閲覧が可能となる公開機能の提供を開始

GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:家入一真 以下、paperboy&co.)は、オリジナルSNS構築サービス「Grouptube(グループチューブ)」にてSNSに参加していなくても内部を閲覧することができる公開機能の提供を12月20日(水)より開始いたしました。

「Grouptube」は2006年3月8日のサービス開始以来、サークルや中小企業を中心に約2500コミュニティが運営されているオリジナルSNS構築サービスです。
これまでに個人利用・企業利用を想定した様々な機能追加を行ってまいりましたが、この度開始したSNS参加者以外の閲覧が可能となる公開機能は、参加者同士のコミュニケーションの活性化を図るだけでなく、企業プロモーションなどに活用できるコミュニケーション機能もサポートします。また、公開機能の提供に合わせ日記をRSS配信対応とし、能動的で速報性の高い情報発信が可能となりました。

■SNSでカテゴリー特化型メディアを形成
招待されたユーザーのみが参加できる閉鎖的なコミュニティであったSNSを「Grouptube」の公開機能を利用して外部に公開することで、不特定多数への情報発信が可能となり、あるカテゴリーに特化したメディアとして、企業プロモーションなどに活用することができます。ログインすることなく誰にでも手軽に情報を閲覧してもらえるため、アーティストのファンクラブサイトや企業のブランドサイトなど、SNS参加者以外にも広く情報を発信したい場合に有効です。
また、SNSは閉鎖的なコミュニティであるため参加者獲得が難しい現状にありますが、SNSの内部を公開し参加者同士のコミュニケーションを外部に見せることで「このSNSに参加したい」という自発的な参加者を増やすことができます。「Grouptube」では参加希望者向けに、SNS管理者に直接招待を依頼できる機能も実装しており、参加者の増加によってさらに内部のコミュニケーションが活発化することも期待されます。

「Grouptube」では、広告配信機能やpingといった機能についても導入を検討中で、さらに外部への情報発信を意識したメディアとしてのSNS構築を実現できる環境を整備していく予定です。

■公開機能について
SNS管理者が公開機能を設定すると、SNSに参加していなくても日記やコミュニティの記事を閲覧することが可能となります。ただし、参加者以外の閲覧者は、記事投稿やコメント投稿、カレンダーや共有ファイルの閲覧はできません。

公開機能設定時に外部に公開される項目
利用可能な機能 日記・グループトピックの記事検索
閲覧可能な項目 ・プロフィール
・友達リスト
・参加グループリスト
・日記と付随するコメント
・グループのメンバーリスト
・グループのトピックと付随するコメント

■Grouptubeについて
Grouptube」は、2006年3月8日よりpaperboy&co.が提供しているSNS構築ASPサービスです。SNSを構築する際、別途レンタルサーバーを用意する必要がなく、サービス画面から手順に従って必要事項を入力いただくだけで基本的な機能を備えたSNS構築が即時に完了するため、ホームページ作成やプログラミングの知識がない方でも簡単に構築できます。また、一般的にオリジナルデザインが難しいとされるSNSサービスが多い中、「Grouptube」では自由度の高いデザイン機能を備えており、オリジナリティあふれるSNSを構築することが可能です。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別