株式会社リアラス / 株式会社paperboy&co. 二社が共同でブログのトラックバック機能を活用したプロモーションASPサービス「トラックバックBOX」を提供

GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(東京都渋谷区 代表取締役社長:家入一真 以下、paperboy&co.)と株式会社リアラス(東京都港区 代表取締役:井手光裕 以下、リアラス)は共同で、ブログの機能であるトラックバックを用い企業の製品・サービスに関連するテーマへの投稿を募集するコンテンツ「トラックバックBOX(URL:http://trackback.jugem.jp/)」のASPサービスを2005年6月3日に開始いたしました。またpaperboy&co.が運営するブログ・ポータルサイト「JUGEM(じゅげむ URL:http://jugem.jp)」と連動し、製品・サービスに対する理解促進や、リレーション構築を増大させるプロモーションをあわせて展開いたしました。 この5月に総務省が発表した「ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の現状分析及び将来予測」によると、2005年3月末現在でのブログの開設者数はのべ約335万人、閲覧者数は約1,651万人まで増加しております。この増加の一因として挙げられているものにブログ特有の「トラックバック」機能があります。トラックバックとは、あるユーザーが自分のブログで記事を書く時に他人のブログの記事へリンクを張ると、その他人のブログ記事から自分のブログ記事へも同時にリンクが張られる機能です。トラックバックを用いリンクを行うことで、双方の記事はより多くの読者を得られ、読者はトラックバックを辿ればより多くの情報を収集することができることから、記事が口コミ的に広がり、開設者・読者間のコミュニケーションが活発化するといわれています。

「トラックバックBOX」は、そのトラックバック機能を企業のマーケティングツールに手軽に活用できるよう、趣味や社会的話題など様々なテーマに対するコメントやエピソードを、ユーザーからトラックバックを募集するプロモーションASPサービスとして提供していきます。

今後は、リアラスが営業・企画・制作を、paperboy&co.がシステム開発およびJUGEMでの告知を担当し、サイトのアクセス増や活性化、消費者の声の収集、企業やブランドのファン作りのため、マーケティングツールとしてブログを活用したい企業に対し「トラックバックBOX」の利用を提案してまいります。


■導入イメージ
導入した企業では、自社の製品・サービスに関連するテーマに対するトラックバック募集を「トラックバックBOX」として開催、同時にJUGEMでもテーマを告知します。
テーマに共感・触発されたユーザーは、テーマに合ったコメントを自分のブログに掲載し、自分のブログを「トラックバックBOX」にトラックバックします。
トラックバックしたユーザー(下図a)のブログに読者bがいる場合、aのブログ記事でトラックバックテーマを知り、bが「トラックバックBOX」へアクセスすることを促します。さらにbが「トラックバックBOX」にトラックバックし、bにも読者cがいた場合、cの「トラックバックBOX」へのアクセスを促すことになり、ブログのコミュニティ特性を活かした、口コミによる広がりと、ポジティブなコミュニケーションを通じて、企業と消費者を強く結びつける効果が期待できます。また、ブログは自動的にSEO(検索エンジン対策)がなされるため、サイトへのアクセス増も期待できます。

■トラックバックBOX サービスイメージ

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別