オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」に『トンボ鉛筆 PiT50周年限定ショップ』が7月1日(木)オープン 期間限定で50種類のグッズを販売

GMOインターネットグループのGMOペパボが運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI(スズリ) byGMOペパボ(以下、SUZURI)」は、株式会社トンボ鉛筆の"貼る"総合ブランド「PiT/ピット(以下、PiT)」の発売50周年を記念した『トンボ鉛筆 PiT50周年限定ショップ』が、本日2021年7月1日(木)〜8月31日(火)の期間限定で「SUZURI」内にオープンし、50種類のグッズ(※)を販売することをお知らせいたします。

「PiT」の代表的な製品である「消えいろピット」を用いたデザインや、歴代の「PiT」スティックのりのデザインを用いた復刻柄など、バリエーション豊富な計50種類のグッズを販売します。

(※)第1弾[2021年7月1日(木)〜8月1日(日)]と第2弾[2021年8月2日(月)〜8月31日(火)]で販売グッズが異なります。
トンボ鉛筆 PiT50周年限定ショップ
のりの総合ブランド「PiT」

1971年に国産初の口紅型固形のりとして生まれた「PiT」。ピットの名前は“ピッと塗って、ピッと貼れる”便利さに由来しています。当時主流だったでんぷんのりと比べて、手を汚さずに貼れる便利な「のり」は、たちまち大人気商品に!1本100円という手頃な価格もヒットの理由でした。

時代を経て、スティックのり、液体のり、テープのりなど貼るシーンに合わせて様々なタイプが登場。軽快にきれいに貼れる、のりのブランドとして親しまれ、進化し続けています。
「PiT」オフィシャルサイト「PiT」50周年特設サイト

トンボ鉛筆

トンボ鉛筆は、TOMBOWの使命=経営理念で企業の社会使命を明確にしています。それは、「トンボ鉛筆は、製品を通じて常識や習慣を革新することで、お客さまに心躍る発見や喜びをお届けします。」です。この理念に基づき、トンボ鉛筆は「書く分野」「消す分野」「貼る分野」の3つの文具事業領域において革新と改良を続けています。

「書く」分野においては、鉛筆、森林認証鉛筆、未就学児用鉛筆、低学年用鉛筆、色鉛筆、油性・水性ボールペン、ノック加圧式ボールペン、多機能ペン、シャープペンシル、マーキングペン、筆文字サインペン、多色ブラッシュペン、複合筆記具、シャープ芯などを製造・販売。

「消す」分野は、エアータッチシステム搭載の修正テープ、高機能消しゴム、繰出し消しゴム、ノック消しゴムなどを製造・販売。

「貼る」分野は、スティックのり、液体のり、テープのり、ペンタイプ液体のりを製造・販売しています。
トンボ鉛筆オフィシャルサイト

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別