オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」が2,000人超のクリエイターによるバーチャルグループ展『SUZURIのこれみて』を4/16(金)公開

GMOインターネットグループのGMOペパボが運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI(スズリ」は、サービス開始7周年を記念し、バーチャルグループ展『SUZURIのこれみて』を本日2021年4月16日(金)に公開いたしました。

本企画は、2021年3月30日(火)~4月2日(金)の期間、「SUZURI」に登録する全クリエイターから参加者を募集し、応募のあった2,000人超のクリエイターが作成したイチオシグッズをオンラインで展示するものです。

バーチャルグループ展『SUZURIのこれみて』を公開

バーチャルグループ展『SUZURIのこれみて』について

コロナ禍において、リアルな場での個展やグループ展が縮小・中止されている影響で、クリエイターや作品との出会いの場が少なくなっています。

そのような状況を受け「SUZURI」では、オンライン上でのクリエイターとの出会いの場を創出し、多くの方に好きな作品を見つける楽しさを知ってほしいと考え、7周年の記念として、また、クリエイターへの7年間の感謝を伝える企画として、バーチャルグループ展『SUZURIのこれみて』を開催することといたしました。応募いただいたすべてのクリエイターの作品(※)を紹介する企画は「SUZURI」史上初となり、想定を大きく上回る2,000件以上の応募をいただき、クリエイターの熱量を強く感じました。

イラストレーターや、漫画家、写真家、YouTuberなど様々なジャンルのクリエイターによる作品をお楽しみください。

今後も「SUZURI」は、クリエイターの創作意欲を刺激し、楽しくグッズを作れるようなアイテム追加を行うと共に、ユーザーが好みのクリエイターに出会えるような企画を行っていきます。
(※)権利侵害等の利用規約に抵触している可能性があるものは除く

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別