オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」女優の南 沙良とイラストレーターごめんのコラボ企画グッズを9/18(金)販売開始

 GMOインターネットグループのGMOペパボが運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURIスズリ」は、女優でモデルの南 沙良とイラストレーターで漫画家のごめんがコラボレーションし、ショートショート(小説の中でも特に短い作品)を書き下ろす企画(※)の公式グッズショップが、本日2020年9月18日(金)に「SUZURI」内にオープンし、グッズ販売を開始したことをお知らせいたします。 公式グッズショップでは、ショートショート各話に関連するTシャツやトートバッグなどのグッズ4デザイン、7種類のグッズを販売しています。

[公式グッズショップURL] https://suzuri.jp/lespros_sara

(※)南沙良とごめんがコラボレーションした「頭の中の女の子」がテーマのショートショート全4話を、ライフ&カルチャーコミュニティ「She is」にて順次公開、電子書籍文芸誌「yom yom」2020年10月号に掲載する企画です。南沙良がテキストを、ごめんがイラストを担当しています。

南 沙良×ごめん コラボレーション企画公式グッズ SUZURI by GMOペパボ

グッズ詳細

<#1「この過ぎゆく一瞬を」>

<#2「手の中の約束」>

<#3「くるしい」>

<#4「楕円の星が光る夜」>

<南 沙良>

 女優、モデル。2002年6月11日生まれ。映画『幼な子われらに生まれ』(2017年8月公開)で女優デビュー。初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開)で、報知映画賞、ブルーリボン賞他、数々の映画賞を受賞し、その演技力が高く評価される。本年度は、アーティスト・sumikaの新曲「エンドロール」のショートフィルムで主演を務め、その後も、ドラマ『ピンぼけの家族』(BSプレミアム)でヒロイン、映画『もみの家』で主演、ドラマ『これっきりサマー』(NHK大阪)で主演を務めるなど活躍する。11月下旬放送の特集ドラマ『うつ病九段』(BSプレミアム)、来年3月5日公開の映画『太陽は動かない』への出演を控える。江崎グリコ「ポッキー」イメージキャラクター。

<ごめん>

 イラストレーター、漫画家。「生活とさびしさ」をテーマに、イラストや漫画を描いている。2019年8月、初の書籍『たとえばいつかそれが愛じゃなくなったとして』を発売。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別