レンタルサーバー「ロリポップ」がクリエイターの活動支援のため、レンタルサーバーとホームページ作成オプションを3か月間無料提供

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するレンタルサーバー「ロリポップ!」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているクリエイターを支援するため、「ロリポップ!」の『スタンダードプラン』と株式会社デジタルステージと共同で提供しているオプションサービス『ロリポップ!スタジオ』を同時に新規ご契約いただいた方に、初期費用と月額費用(※)3か月を無料にて提供いたします。申し込みは、本日2020年5月1日(金)~5月31日(日)の期間で受け付けております。
 『ロリポップ!スタジオ』は、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、ハイクオリティーなホームページを簡単に作成できる「ロリポップ!」のオプションサービスです。
(※)「ロリポップ!」初期費用 1,500円、『スタンダードプラン』月額費用 500円~600円(契約期間によって異なります)、『ロリポップ!スタジオ』月額費用 980円(価格はすべて税抜)

レンタルサーバー「ロリポップ」がクリエイターの活動支援のため、レンタルサーバーとホームページ作成オプションを3か月間無料提供

支援実施の背景

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、クリエイターの活躍の場である、エンターテインメント系・アート系イベントの中止や、外出自粛によるオフラインでの販売の場も減っていることから、仕事や収入が減ってしまったクリエイターの方が多くいます。そのような状況において、この期間を準備期間ととらえ、事態終息後に活動の幅を広げるため、動画配信に挑戦する、ホームページを作成するなど前向きにスキルアップやPR活動の準備を行っているクリエイターも少なくありません。
 自身のプロフィールや作品、想いなどの情報を網羅的に発信できるホームページは、ファンとの交流拠点や、クライアントへの実績提示のための活用など、クリエイターが活動を広げていく上で重要です。しかし、作品の制作やイベントの出展などで忙しくホームページ作成に時間を取れない、WEBデザインに精通していないという理由により、ホームページの構築が難しいといった声も聞かれます。
 そこで「ロリポップ!」は、普段よりも時間を活用しやすい今、WEBデザインの知識がなくても簡単にホームページを作成することができる『ロリポップ!スタジオ』を無償で提供し、クリエイターが活動を広げるための支援を行うことといたしました。「ロリポップ!」は、インターネットを通じて、より自己表現の場を構築し、活躍の場を広げていただきたいと考えております。

支援詳細

内容 「ロリポップ!」の『スタンダードプラン』と『ロリポップ!スタジオ』を同時に新規ご契約いただいた方に、初期費用と月額費用(※)3か月を無料にて提供いたします。
お申し込み要件 「ロリポップ!」および『ロリポップ!スタジオ』に新規でお申込みいただくクリエイター
お申し込み期間 2020年5月1日(金)〜2020年5月31日(日)
審査期間 お申込みから9営業日以内
*お申込みが集中した場合、ご案内や作業にお時間をいただく場合がございます。
審査方法 お申し込み時に、「SUZURI」、「minne」、「Instagram」、「YouTube」いずれかのアカウントを記載(併記可)いただき、アカウントで発信している情報をもとに審査を行います。
URL https://www.lolipop.jp/info/news/6601/

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別