国内最大のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」 企業による素材販売を開始 ~第一弾は生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」~

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤健太郎)が運営する国内最大(※)のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)byGMOペパボ(以下、minne)」は、本日2017年7月19日(水)より、企業による素材販売を開始いたします。
 まずは第一弾として、生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」のギャラリー『生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」』をオープンいたしました。
(※)2017年7月18日時点。国内ハンドメイドマーケット運営主要4サービスの公表登録作品数を比較(当社調べ)。
生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」

【企業による素材販売開始の背景】

 「minne」は36.1万人の作家による597万点の作品が販売・展示されている国内最大のハンドメイドマーケットです(2017年7月18日時点)。「minne」では、ハンドメイド作品のみならず、作家が新たな「素材・材料」と出会うことで、作品制作の幅を広げられるよう、サービス開始時より「素材・材料」カテゴリーを設けています。
 2017年上半期(1月~6月)の「素材・材料」カテゴリーの流通額は、前年同期比で143.5%に達しており、全カテゴリーの流通総額における前年同期比122.8%と比較しても、「素材・材料」の購入需要が増加していることがうかがえます。
 また、作家の中には会社に勤めながら活動をしている方も多く、「材料を買いに行く時間がない」、「近くに手芸店が少ない」、「販売されている素材の種類が少ない」といった声が「minne」にも多く寄せられていました。
 そこで「minne」は、作家が制作に集中できる環境を整え、これからハンドメイドを始めたい方も手軽に材料を調達できる環境を提供するべく、「素材・材料」カテゴリーにおいて企業の素材販売枠を設けることといたしました。作家にとって制作の幅が広がり、魅力的な作品が増えることで、購入者にとっては「minne」でのお買いものをより楽しんでいただけます。本日より第一弾として、新宿に本店を構え、50万点以上の品揃えを誇る生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」のギャラリー『生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」』をオープンし、「素材・材料」販売を開始いたします。

【特別企画「素材から考える新作品」を「minne mag.」で連続公開】

 「minne」が運営する “ハンドメイドマーケットの魅力を発信する”ウェブマガジン「minne mag.」では、ハンドメイド作家が「オカダヤ」の素材を使った作品制作の様子を公開する特別企画「素材から考える新作品」をお届けいたします。本日公開の第1回「素材から考える新作品①『魔女のお手伝いセット』」を皮切りに、全3回にわたって掲載する予定です。
 また、新宿にある「オカダヤ」本店の様子をご紹介する「【minneでも販売開始!】50万点の品揃えを誇る 生地・服飾手芸材料専門店『オカダヤ新宿本店』」も本日公開いたします。
 ・特別企画第1回「素材から考える新作品①『魔女のお手伝いセット』」
 ・「【minneでも販売開始!】50万点の品揃えを誇る、 生地・服飾手芸材料専門店『オカダヤ新宿本店』」

【今後の展開】

 「minne」ではこの度の企業による素材販売をはじめ、モノづくりから個人の可能性が広がる世界を目指した様々なプロジェクトを推進し、まだハンドメイドに触れたことのない方へハンドメイドの魅力をお届けする取り組みを進めてまいります。「minne」がこれまで以上に便利で身近な、なくてはならないサービスとしてご利用いただけるよう、季節や利用シーンに合わせた作品のご提案、好みの作品や作家との出会いが生まれる機能の提供などを通じて、引き続きハンドメイド市場を牽引してまいります。

このニュースの関連サービス

RSSを購読する

月別