自分の成長とペパボのこれから
ペパボのいまとみらい

可能性を信じて進み続ける

ハンドメイドマーケット「minne」 インタビュー

現在、作家数39.3万人、作品数676万点と国内最大のハンドメイドマーケットとなり、市場を牽引するサービスへと成長した「minne」。その成長の裏側で、メンバーはどんな想いを持って「minne」を作り上げてきたのでしょうか。そして将来の展望は…?今回は、サービス発案者の阿部とデザイナーの二人に話を聞いてみました。

  • あべ

    あべ

    部長

    minne事業部

  • なおめめ

    なおめめ

    シニアデザイナー

    minne事業部
    プロダクトチーム

  • 白木

    白木

    シニアデザイナー

    minne事業部
    マーケティングチーム

自分自身、ものづくりが好き。だから「minne」を作れた

「minne」ができた経緯からまず教えてください。

あべ あべ
「minne」は、今後も継続的に会社を成長させていくために、新たな収益の柱を生み出そうという趣旨での新規事業の社内公募がかかったタイミングで提案しました。自分なら何をやるかを考えていた時に、ずっと頭にあったのは「自分の好きなことを事業化しないと続かないだろう」ということだったので、身の回りにある好きなものに注目していたんです。
白木 白木
あべくん自身もものづくりが大好きですからね。新卒が入社した時に渡すお道具箱も、元々は阿部くんと僕が発案して、その後手作りしましたね。
あべ あべ
しましたね〜。そんな風に、自分も物作りが好きだった中で、蚤の市とかもみじ市へ行くのが好き、手作り作品が好き、そこで会う作家さんも好き、となって。
最終的に、そういった作家さんの役に立つようなサービスがいいんじゃないかという考えに行き着きました。
結果、ペパボのミッション「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」と会社が目指すビジョン、自分のやりたいことがうまく重なって「minne」が生まれたんですね。
自信を持ったあべ
白木 白木
サービスができた時、すごくあべくんらしいって思いました。
自分の好きなことをやるっていうのはすごく大事だなと僕も思っています。ビジネスだとしても、愛着は必要ですよね。
あべ あべ
イベントに足を運べば、いい作品はたくさんあるけど、ネットでは全然見つけられなくて。
自分がそのための場をインターネット上に作ることで「こういう作品を作ってる人がいるよ」「こんなに素敵な作品があるよ」って広げていけるといいなと考えたんですね。
ペパボのサービスには「カラーミーショップ」もあるんですが、個人の人がおもむろにインターネット上に作品をポンとおいても、すぐには見てもらえませんから、「minne」に出すことで、「minne」が作家さんの代わりに拡声器のように広げていく役割を担えるといいなと思って、マーケットプレイスという形にしました。
白木 白木
確かに、青空市や蚤の市みたいに、たくさんの作家さんの作品がずらーっと並んでいる方が、テンションが上がりますよね。
あべ あべ
とはいえ、最近のスタートアップのように爆発的に普及したわけではなかったんですよね。
かなりじわじわと。
なおめめ なおめめ
2014年に作家数が国内No.1になったんですよね。
あべ あべ
そうそう。その時はまだ10人くらいでサービスを運営していた頃ですね。
当時は今よりも競合の数は多かったんだけど、「minne」は最後発でありながらどこよりもたくさんの作家さんに選んでもらえる場所になった。
ハンドメイド自体は、すごくニッチだけど、その中でNo.1になれたことが、まずはひとつのターニングポイントだと思っています。
白木 白木
あべくんは、No.1になれた理由って何だと思いますか?
あべ あべ
うーん。やっぱり、ローンチするタイミングがよかったっていうのはありますね。まだまだマーケットがとても小さくて、チャンスがたくさんあったんだと思います。
あとは、後発だった分、サービス設計にはかなり心を砕きました。
使い勝手だけじゃなくて、仕組みとしての使いやすさというか・・・。
白木 白木
ネットショップをいちから一人で作る場合、購入時にお客様のクレジットカード決済を使ってもらうための決済会社との契約や、プロモーションのための広告出稿ワードの申し込みなどが必要になってきますけど、これらは個人がいきなりチャレンジするには難易度が高いですよね。
あべ あべ
そうですね。そういった、作品を出品すること以外のわずらわしさを全部なくしたいなと思ったんです。それで、今は一般的になったCtoCの形で作ることにしました。
サービスとしての使い勝手の良さが、特に作家さんに受け入れてもらえて、徐々に口コミなどの横のつながりなどで広がって・・・というのが、No.1になれた要因というか、最初のストーリーだったと思ってます。今は、もちろん広告の力もありますけど、40万人近い作家さんが「minne」を使ってくれている。本当にありがたいことだなと。
CtoCの道を歩むことになった

「minne」がマーケットを牽引するリーダーになれると確信し、プロモーション強化を決定

国内No.1になったことを受けて、積極投資が始まったんですよね

あべ あべ
そうです。国内No.1になったあとも、「minne」は順調に伸び続けていたし、国内の競合の様子はもちろん、海外市場でもIPOしそうな企業が出てきたりと、市場の成長にかなり期待できるんじゃないかという予測をしたんですね。
それであれば、ここで一気にサービスをスケールさせてマーケットを牽引するリーダーになろうという話になりました。
白木 白木
僕はその頃の「minne」の様子をあまり知らないのですが、それまでのプロモーションは、どんなことをしてたんですか?
あべ あべ
月100万円くらいのウェブ広告の出稿と、イベント出店がメインでしたね。あとはチラシをひたすら手で配る。
白木 白木
ウェブ広告も、今の85分の1の規模ですね(笑)
あべ あべ
それが急にテレビCMというマスメディアへ行くんで、すごいですよね。
何億円もの金額をかけるのはもちろん、たった3人だったチームメンバーも、今では70人以上になりました。
プレッシャーは確かにすごくありましたけど、社長であるケンタロさんが「minne」の可能性を信じてくれたことが嬉しくて、それに応えたいという気持ちで必死でしたね。
なおめめ なおめめ
私が「minne」に異動したのは、この頃ですね。
入社して2年目で、こんなに大きい規模のサービスはやったことなかったし、ユーザーとしても「minne」が好きだったから、ワクワクしてたな。
ワクワクするなおめめ

「minne」はあくまでも箱なので、中に入る作家さんや作品を光らせるのがデザイナーの役目

あべ あべ
なおめめには、アプリのデザイナーとして入ってもらったんだよね。
なおめめ なおめめ
そうです。スマホを持っているのが当たり前な時代になって、CtoCサービスが認知され始めて、特にフリマアプリはもうすごい盛り上がりだった。
「minne」は個人の作家さんを応援するハンドメイドマーケットというCtoCのサービスなので、伸びない理由なんてない!アプリシフトだ!っていう流れもあって、アプリにもっと力を入れようっていうことになったんですよね。
白木 白木
いいなぁ。プロモーションって、自分が大切にしているサービスをたくさんの人に届けられるチャンスなんですよね。ペパボでは、これまでたくさんのサービスが生まれて、残念ながら消えていったものもあって、そんな中でなおめめさんがサービスを拡大していく機会に恵まれたことを、うらやましいなぁって思って当時は見ていましたね。
あべ あべ
積極投資以前は、まだ僕がプロダクトを見てたんです。プラットフォームのガイドラインに沿うようなデザインにしていきたい気持ちはあったものの、うまくディレクションできず、もどかしさを感じてました。でも、なおめめがその辺りを整備してくれましたね。
白木 白木
少し前までは、サイトにしてもLPにしても、「minneとしての色」がありましたよね。
今のデザインに変えるのは、なおめめさんが中心となって進めていましたよね?
なおめめ なおめめ
そうですね。配属されてしばらくは、ウェブは福岡支社メンバーを中心に、アプリは東京本社のメンバーで、デザイン担当も分かれていたので、ウェブはノータッチでした。でも、「minne」の成長に合わせてチームの構成もだいぶ変わって、その後組織の編成が変わってプロダクトチームが東京に集約されたのですが、そこからはウェブの方にもどんどん踏み込んでいって、段々と今のデザインのベースができました。
白木 白木
どのデバイスで見ても、同じように「minne」のイメージが伝わるようにしていかないといけないと思うので、デザインをアプリに寄せたのは正しいと思いますね。
なおめめ なおめめ
当初は、テクスチャとか、茶色くて森みたいな感じが印象強かったと思いますが、それが好きな人はすごい歓迎してくれますけど、サービスとしてスケールさせるためには広い層に受け入れられる必要があるので、できる限り特定のテイストに偏らないデザインにしていきました。
「minne」に来てくれた時に、ファーストインプレッションで「ああ、あったかい」みたいな感じだと、「ここは私が見る場所じゃないな」って思われてしまう可能性もあるので、そういうところは常に気にしていますね。
サービスをスケールさせるためのデザインとは
白木 白木
あとは、世の中の流れとかもありますよね。AppleやGooglのガイドラインがあって、それに沿ったデザインにしようと。
なおめめ なおめめ
そうですね、その考え方が入ってきたのは大きいと思います。デザイナーの認識を合わせるための一つの指標にできましたね。
白木 白木
僕がデザインする時にイメージしているのは、「箱」なんです。
「minne」という箱がものすごく豪華であることはあんまりよしとしていなくて、作家さんや作品がより美しくみえるよう引き立たせるものでありたいと思っています。
なおめめ なおめめ
私も同じ考えで、あくまでも場所や入れ物なので、「minne」そのものの色をあまり強くしすぎないようにしています。
あべ あべ
私も同じ考えで…
白木 白木
真似しないでください(笑)
あべ あべ
ほんとほんと!
白木 白木
実はこれまでこういうことをちゃんと言葉にしたことはなかったんですけど、イメージが共通してるってことなんですね。方向性が正しいってことなのかな、すごい。
あべ あべ
プラットフォームなので、誰にでも開かれている場所であることや、中立性が大事なんですよ。誰かに寄りすぎず、強制もしない。作品の在庫数100個用意してください!みたいなことは絶対にしない。
白木 白木
楽しくものづくりをして、作品を世に送り出して、広がる楽しさを感じてもらえるのが、僕たち自身にとっても嬉しいんですよね。それはずっと大切にしていきたいことですね。
なおめめ なおめめ
ただ、あくまで箱だけど「どうやったら作家さんのコンテンツがよくなるかな?」っていうのはいつも考えていますね。
白木 白木
そうですね。世田谷にある「minne」のアトリエには作家さんが日々遊びに来てくれますけど、その中で悩み相談もあったりして、よくされる質問ならアトリエに来ない作家さんも困っているはずだから、コンテンツ化しようというのはデザイナー主導でやっています。
なおめめ なおめめ
チームによって色々ですけど、ウェブデザイナーという枠を超えて色々できますね。広告クリエイティブやチラシ、パンフレットなんかの紙ものも作ったりもしますし。
白木 白木
最近僕は映像に興味があるので、Instagramに載せる動画を作りましたね。これは「minne」に限らずですけど、自分の興味のあることを仕事に活かせるのが、ペパボのいいところだなぁと。

人と人とがつながる体験を通して生まれる「いい世界」をもっと広げていきたい

今後の「minne」のためにやらないといけないことは何ですか?

あべ あべ
先日、ブランドアイデンティティを打ち出したので、「minne」のブランドアイデンティティを軸にしながら、もっと沢山の方にご利用いただけるサービスにするための施策を進めていきたいです。
白木 白木
そもそもブランドアイデンティティの策定をやることになったのは、アプリがかなり使いやすくなったので、大きな改修は一旦置いておいて、次のステップではマーケティング戦略に力を入れていこうという流れでしたね。
あべ あべ
そうそう。この数年はもうがむしゃらにやってきたので、恥ずかしながら戦略と呼べるロジカルなものはほとんど持っていなくて、その場その場でのトライアンドエラーだった部分もありました。でも、流通が100億円に届くまでにサービスが成長した今、もう一歩突き抜けるためにも、マーケティング戦略をちゃんと立てましょうという提案をしました。
ブランディング策定の経緯
なおめめ なおめめ
作家さんや購入者さんにヒアリングさせてもらったりっていう定性的なところと、定量面と照らし合わせながら、「minne」の強みや課題は何か?っていうのを考えていきましたね。
あべ あべ
例えば、課題の一つに作品の単価がありました。同じようなハンドメイドマーケットや、一般的なECサイトと比較しても、「minne」は低かったんです。市場全体の単価と変わらないのならまだしも、「minne」が他のサイトと比べて低いという状況だったので、正しく価値を伝えるために改善しなくてはならないポイントだと考えました。
なおめめ なおめめ
こういった課題についてそれぞれ議論して考えていく中で、サイトでの作品の見せ方や、作家さんや購入者さんに打ち出してるメッセージがこれからの「minne」に最適なものではなくなっているのではないか?という仮説が挙がったんです。その影響が単価や購入率はもちろん、様々なKPIに影響を及ぼしているんじゃないか?と。
あべ あべ
こんな風に議論や考察を続けていった結果、ハンドメイド作品の価値を正しく届けるために、ブランドアイデンティティを策定することを決めました。
白木 白木
僕は実際にサイトに落とし込んでいく段階になってから参画したので、ロゴ制作の過程にはあまり関わっていないんですが、なおめめさんはデザイン面の調整役をしていましたね。
なおめめ なおめめ
そうですね。ロゴやアプリアイコンを作る過程では、調整役として動いていました。ロゴ自体は外部の方に協力していただいていたので、実際に手を動かしてはいないんですが、「minne」のデザイナー視点からフィードバックをお伝えしたり、「minne」のチームメンバーに向けても議事録をまとめて定期的に共有したりしてましたね。
白木 白木
ブランディング策定を進めるにあたって、プレッシャーはありましたか?
なおめめ なおめめ
意外となかったです。ただ、自分が最後の砦だな、という覚悟のようなものはありました。
ペパボじゃない人と一緒に作るのは初めての経験で、しかもロゴを作っていただいているのはその道のプロの方なので、フィードバックするときは少し緊張しましたけど、そこが私の一番大事な仕事だったので。そういう意味でのプレッシャーはあったかもしれないです。
みんなでロゴを書いた1
あべ あべ
緊張したね。楽しかったけどね。
白木 白木
みんなでロゴ書いたのは楽しかったですよね。
あべ あべ
そうそう!ロゴを手書きで描きましょうって提案をいただいて、僕も描きたい!ってなったんですよ。でも、じゃあせっかくだから、みんなで描きましょうと。
なおめめ なおめめ
ロゴ自体にもストーリーを持たせたいなと思っていて、みんなと一緒に描くのは面白いし、さらに愛着も湧くんじゃないかなと。
それで、「i(アイ)」の丸のところをみんなで点を打って仕上げていったんです。
白木 白木
「minne」は、作家さん、購入者さん、「minne」のメンバーみんなで成り立っているよねっていうところを込めましたね。
なおめめ なおめめ
いいロゴなんですよ。いつも新鮮に見えるような。耐久性があるってそういうことなのかな。あのロゴの良さは、時間が経つにつれ、染み込んでくるようなものなのかなと思いました。
白木 白木
僕は、あえてベースの形は変えなかったところが、すごくいいなぁと思って。作家さんを大事にしたり、作品を大事にするっていう気持ちは以前から持っていたし、これからもそれは不変ですというメッセージがロゴにも表現されているんだと思っています。
なおめめ なおめめ
「minne」がこれまで作ってきたもの、大事にしてきたものはそのままに、もっとよくしていくよっていうのが始まりでしたもんね。
あべ あべ
手前味噌ですけど「minne」はすごくいいサービスだなと思っていて、人と人とがつながるし、愛しかないです。愛がいっぱい生まれているサービス。
なおめめ なおめめ
ラブだ、ビックラブ。ビックラブサービス。
あべ あべ
そう、ビックラブサービスです。作品が届いたときや、作家さんとメッセージのやり取りをして感じることだったりするんですけど、そういう「いい体験」と体験を通して生まれる「いい世界」をもっと広げていきたいと思っています。国内でもまだまだ十分に広げられてないので、さらに「minne」が浸透していくような活動を続けていきたいですね。
さらにその先に、ワールドワイドでもビックラブを広げていけるようになりたいなと。単純な世界一じゃなくて、サービスとしての価値を広げて、愛で溢れさせられたらいいなと思います。
ビッグラブサービスへの展望

一人で完結する仕事なんてほとんどない。サービスにとって一番いい選択を一緒にしていきたい。

どんな人と一緒に働きたいですか?

あべ あべ
まず僕自身ですけど、みんなに「あそこの山に登ろうぜ」っていうのを指さす人なんです。まだ見えない山頂に「minne」の旗をみんなで立てるために、ちゃんと進んでいけるようにするのが役割だと思っています。
あとは、やっぱり「minne」を始めた人間としての役割や責任もあるので、どうして始めたのか、どういう思いで今サービスをやっているのかを、多くの人に広めないといけないっていうのは強く思っています。それが結果として、「minne」を利用してくれている人を増やすことに繋がっていくようにしていきたいです。
なおめめ なおめめ
あべさんが、ここの山に登るっていうんだったら、私たちデザイナーは、どうやって登ろう、どういう道具を使おうっていうのを考える人ですね。見える部分すべてに責任を負うのがデザイナーだと思っています。
白木 白木
デザイナーに限らずですけど、サービスを育てていくのって、愛情が必要なんです。プロダクトへの愛情はもちろん、使ってるユーザーさんを大切にしたり、一緒に作ってくれるメンバーへの敬意がすごく重要で、それを浸透させていくのはデザイナーの役割の一つだと思っています。いろんな人のハブになるポジションだから、こういう風に愛情をかけたいよねっていうのを伝えていく係、でもある。
デザイナーの役割について
あべ あべ
ビッグラブ係ですね。
なおめめ なおめめ
ダサい(笑)
白木 白木
ただ、言われたことを全部受け入れるのとはちょっと違うんですよね。自分の中にしっかりとした芯のようなものは必要で、周りの人とディスカッションする中で、サービスやユーザーさんにとっていいところを選択できる人。
主観だけだと受け入れられなかったり、議論ができなくなっちゃうので。
あべ あべ
主観と客観を行き来出る人ですよね。サービスやモノ・コトに合わせて考えを変えられる人。
なおめめ なおめめ
そうですね。デザイナーの仕事は一人で完結するものがほとんどなくて、コミュニケーションの中でより良いものをつくり出すことが主なミッションなので、柔軟性とか、あとはコミュニケーション能力がかなり重要になると思います。
白木 白木
コミュニュケーションといえば、ペパボにある「みんなと仲良くすること」っていうのも、言葉だけ聞くと馴れ合いだったり、一緒に遊びましょう、みたいに思われそうですけど、本来の意味は、信頼関係が成り立っていれば、職種や立場に関係なく、ちゃんと議論ができるようになるってことなんです。
信頼関係を築けるようなコミュニュケーションを日々とっていれば、よりおもしろいプロダクトを作るために、自分で自分の意見をはっきり言えるようになるねってことなので、そこに賛同できる人や行動できる人が、ペパボで楽しく働き続けられる人なんじゃないかな。
ペパボにエントリーする