次世代ホスティングの話

第1話
福岡から支えるサービスインフラ
第2話
次世代ホスティングの始まり
第3話
技術で世界と繋がる楽しさ

次世代ホスティングの話

第1話  福岡から支えるサービスインフラ
第2話  次世代ホスティングの始まり
第3話  技術で世界と繋がる楽しさ

今回の登場人物

松本 亮介

松本 亮介
技術基盤チームのアドバンスド・シニアエンジニア。2015年春から福岡生活を開始し、すっかり九州グルメと温泉の虜に。OSS開発、革製品やゲーム、ミニ四駆など、実は幅広い趣味の持ち主。

高岡 修一
ホスティング事業部インフラチームのサブマネージャー。IngressではまもなくLv16に手が届く、国内屈指のエージェントの一人。九州のおすすめスポットは鹿児島の桜島と大分のやまなみハイウェイ。

渡邉 潔
ホスティング事業部インフラチームのエンジニア。福岡支社では釣り部に所属。ホークスファン。IngressではLv11の通勤エージェントとして活動している。九州のおすすめスポットはびっくり亭。

原口 宗悟
ホスティング事業部インフラチームのシニアエンジニア。好きな九州名物は『炭寅』のつくね、おすすめイベントは370年以上続く伝統芸能・長崎くんち。趣味は読書で、おすすめ作家は小路幸也

部活は3年で卒業するけど、チームはずっと一緒にいる

松本
チームとして気をつけていること、意識していることはありますか?
高岡
メンバー同士のコミュニケーションと体調には気を遣っています。チームとしての連携が普段から取れているかどうかは、何かあったときの対応のスピードにも関わってきますし、技術スキルの向上にも関わると思います。ペパボではスタッフ全員が日報を書いて社内SNSで公開しているのですが、チームメンバーの日報は毎日欠かさず見て、声をかけたりフォローしたりするようにしています。あと、夜間メンテナンスなど深夜の対応をするメンバーは、特に体調に気を遣いますね。
松本
インフラエンジニアと聞くと、予期しない問題や障害が起きて残業が増えるんじゃないかというネガティブなイメージを持たれることもありますが、ペパボでは実際どうなんでしょうか。
高岡
急な対応が発生することもありますが、残業は多いほうではないと思います。インフラエンジニアはフレックスタイム制が導入されて時間の融通が利くようになったので、体調管理もしやすくなりました。
松本
なるほど。負担をかけずに力を発揮できる土壌が整ってきたんですね。他のメンバーのみなさんから見たチームの雰囲気はいかがですか?
原口
普段からすごく活気がありますよね。
渡邉
わからないときは得意な人に聞ける、新しく入社した人もどんどん吸収できる土壌もあるので、かなり交流が活発なチームだと思います。
松本
福岡インフラチームは、お互いを信頼している部活の仲間みたいなイメージがありますね。毎日同じメンバーで朝から晩まで一緒にひとつのことに取り組んで、いざというときにはすごいチームワークを発揮する。外から見ていて、本当に頼りがいがあるなという印象があります。
渡邉
部活は3年で卒業しますけど、インフラチームはメンバーによっては7〜8年ずっと一緒にいますよね。一日で接する時間も、寝る時間を除くと家族より長い。
高岡
仕事のことだけでなく、いろんなことをよく喋ってますね。そうやってコミュニケーションを取ることで、お互いに信頼感が生まれるんだと私は思っています。
松本
チームワークはダントツですね。誰かが孤立したりずっと困っていたりする状態がないように、チームとしてやりたいことを迅速に行えるように、みんなが助け合いながらひとつひとつ確実に達成している。
渡邉
そうですね。日頃から人に依存しないようにチーム全体で調整して、もし誰かが欠けたとしてもすぐに引き継いで業務を回せる体制を整えています。
高岡
それが運用の基本ですからね。運用経験を積んで理解を深めてこそよりよい開発ができると考えていますし、その中でそれぞれが得意分野を見つけて技術力を磨いていくことで、強みを持った人達が集まった、総合力のあるチームにしたいという気持ちがあります。

アウトプットが推奨される環境で、スピード感や未知の面白さに触れてほしい

松本
次世代ホスティングを始めとした新しい技術にどんどん取り組んで、チームとしてもいい雰囲気が出ている福岡インフラチームは、今絶賛求人中なんですよね。それをふまえて、ペパボ福岡支社で働くとどんなメリットがあるか聞いてみたいんですが、いかがでしょうか。
高岡
とにかく会社の立地がいいですよね。福岡はもともと街自体がコンパクトで移動しやすいところですが、ペパボ福岡支社は中心地である天神の更にど真ん中にあって、駅からの移動もスムーズだしいろんなお店が周辺にたくさんあるのでとても便利です。
松本
支社の近くには美味しいお店もたくさんありますが、中でもランチを無料で食べることができるチケットがもらえるの、すごくいいですよね。
高岡
福利厚生制度のひとつですね。東京本社にある社食の代替施設で、HABITというカフェで月に5回まで無料でランチできるチケットが支社全員に配布されます。
松本
メニューも何種類かある中から選べるし、時々アップデートされるから飽きないですね。
原口
しかもかなりおいしいですよね。飲み物とデザートもセットで、最近は湯豆腐食べ放題のコーナーができました。
松本
使い勝手が良くて嬉しいですね。福利厚生が充実しているのは、ペパボのいいところのひとつだと思います。原口さんは、東京で働いたこともあるんですよね。ご自身の経験から、東京ではなくて福岡で働くことのメリットってありますか。
原口
東京と福岡で比べると、東京のほうがエンジニア人口は多いですし、大きな勉強会も東京で開催されることが多いので、いろんな勉強会にたくさん参加したい、大規模な仕事をしたいと考えるなら、東京のほうが有利だとは思います。でもよく言われるように、福岡に来て、都会の人混みのストレスから解放されたのがよかったという人は多いと思います。私自身もそうでしたし、本当に住みやすいです。
渡邉
私はずっと福岡に住んでいるので比較できませんが、周りで福岡に来られた方はみんな、子どもが育てやすい、いい環境だと言っているのをよく聞きます。そういう点をメリットに、どんどん福岡に人が来るといいなと思いますね。
原口
東京から離れているからといって、技術的に遅れているということもないです。福岡県はRuby振興が盛んで、自治体がカンファレンスを開催することもあります。勉強会もいろいろなところで開催されていて、ペパボのオフィスでもときどき外部向けに勉強会をやっています。
松本
福岡支社を会場にして行われた第2回ペパボテックカンファレンスで、登壇者は福岡支社のメンバーだけだったにもかかわらず、次々に多種多様な技術について発表されているのを見て、ペパボ福岡支社だけでもすごく技術的に幅広いジャンルをカバーしているんだなと実感しました。今回のカンファレンスもインターネットで中継しましたし、技術的な知見をアウトプットする手段も一般化してきているので、どこに住んでいても広げることはできるんですよね。
原口
そうですね。実は私も最近生まれて初めてブログを書き始めたんですが、アウトプットに関してはどこに住んでいても、垣根なく伝えていけると実感しています。逆に、普段読んでいるブログを書いていた人が、実は福岡に住んでいるということが判明したこともありました。
松本
面白いことをやって、それをきちんとアウトプットすれば、東京にいようが、福岡にいようが、伝えることができる。特に、ペパボではアウトプットするということがすごく推奨されているので、業務で学んだこともブログに書いて公開するということができますよね。業務の内容を個人のブログで公開するということ自体やりにくい会社もあると思うんですが、この裁量ある部分はペパボのいい文化のひとつですね。
原口
自分がそうだったんですけど、決まったプロダクトを使ってかっちりしたシステムを運用しているSIerの人たちに、この面白さを体感してほしいなと個人的には思います。もちろん大規模で深い仕事ができるのでやりがいのある仕事だとは思うんですが、OSSの世界に興味があって、まだ経験したことないという人たちにはぜひ、そのスピード感や未知の面白さに触れてほしいと思います。日本の全国各地とつながるのはもちろん、海外の人といきなりコミュニケーションが発生するような面白さは、SIerとして働いているとなかなか体験できないことなので。新しいことが好きだとか、OSSの経験がない人たちには、ぜひペパボのように、OSSをメインに活用している会社に入ることをおすすめします。
松本
では最後に、高岡さんから、インフラチームに来てほしい人物像についてまとめていただきましょう。
高岡
何か問題が発生したときや壁にぶつかったとき、問題を解決することを楽しめる人はすごく向いてると思います。私も実際に運用しているときには、ログを調査して問題の原因を突き止める瞬間がとても楽しかったので。その過程で知らないことは恥ずかしがらずに聞ける積極性もあるといいですね。あとは、ペパボのホスティングを利用している何十万人というお客さんを自分が支えているんだという責任感、そこにやりがいを感じてモチベーションを上げられる人をお待ちしています。
松本
興味を持った方がいたら、ぜひ福岡のペパランチョン制度を利用して、HABITで美味しいランチを楽しむついでに、くらいの気軽さで話を聞きに来てみてください。
高岡
お待ちしています。
松本
みなさん、本日はどうもありがとうございました。


〜おわり〜