2014年と2015年の話
〜エンジニア業界総決算と大予測〜

第1話
2014年を振り返る
第2話
ペパボでのチャレンジ
第3話
2015年のトレンド予測

2014年と2015年の話
〜エンジニア業界総決算と大予測〜

第1話  2014年を振り返る
第2話  ペパボでのチャレンジ
第3話  2015年のトレンド予測

今回の登場人物

栗林 健太郎

栗林 健太郎(あんちぽ)
ペパボの技術責任者兼技術部長。最近読んだ本は『イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か』。WEB業界で経験的にのみ語られがちな合理性の追求について、経営学的な視点から読み解くことのできる一冊。あわせて「100倍で考える - Preferred Research」を読むのがおすすめとのこと。

柴田 博志

柴田 博志
技術基盤チームのチーフエンジニア。Rubyコミュニティに最も貢献した個人へ贈られるRubyPrize 2014を受賞。愛妻家。最近読んだ本は『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-』と『Effective Ruby』。Rubyのコードについて、より理解を深めたい方におすすめの本。

近藤 宇智朗

近藤 宇智朗(うづら)
技術基盤チームのアドバンスド・シニアエンジニアとして福岡で活動。二児の父として子育てにも奮闘中。最近読んだ本は絲山秋子の小説『逃亡くそたわけ』。愛知から始まり九州に至るストーリーが、愛知出身・福岡在住の身にかなり刺さったとのこと。ブログでは「The Tao of HashiCorp - HashiCorp」が印象に残っている。

黒田 良

黒田 良
技術基盤チームのアドバンスド・シニアエンジニア。サービスパフォーマンスを最大化するための環境整備などを積極的に手がける、縁の下の力持ち。最近気になるブログは「ゆううきブログ」と「SOTA」。若手の台頭の気配を感じつつも、有用な情報を柔軟に取り入れ、粛々と日々研鑽に励む。

伊藤 洋也

伊藤 洋也(ひろやん)
技術基盤チームのアドバンスド・シニアエンジニア。新卒入社エンジニアなどの新人教育に力を注いでいる。最近読んだ本は『成人教育の現代的実践―ベダゴジーからアンドラゴジーへ』。“「教える」ことから「学ぶことの支援」への転換を考えるための一冊”として非常に啓発されたとのこと。

2015年のトレンド予測をしてみる

あんちぽ
では最後に、2015年はこういう技術が来そうかなとか、あるいはWEBってこうなっていくんじゃないかなっていうのを聞いて行きましょうか。ではうづらさんから。
うづら
やっぱり IoT じゃないかなー。
あんちぽ
IoTですか!(笑)
うづら
ここでバズワードもってきてみました。
柴田
待ってました!
うづら
特にGoが出てきてからは、サーバーを簡単に作れるようになってきましたよね。そういうサーバー通信やRPCでもHTTPを使用するパターンが増えるなかで、実際にモノに対してRPCを投げるってなるとデバイスはメモリや通信帯域の制限で不安定だったりするんですが、そういう問題を解決するために軽量で安定しているプロトコルとしてMQTTが出てきたらしいです。Pythonだと流行っているけどRubyだとそんなに聞かないんで、ここで個人的にも勉強して仕様を把握しておこうかなと考えています。
あんちぽ
それを用いてサービス運用に何か反映できそうなイメージはありますか?
新卒採用入社の話
うづら
うーん。仮に農場で使うとして、物理的なセンサーで温度管理してMQTTで中央サーバーに飛ばす、みたいなパターンが多いと思うんですよね。だから、ペパボで今やっていることに直接結び付くかは分からないです。ただペパボはどうしてもサーバーが要る会社ですし、何が起こるかは分からないんで、押さえておいていいんじゃないかなとは思いますね。
あんちぽ
なるほど。僕らもWEBサービスとかホスティングとかそういう領域で今やっていますけど、世の中の流れ的に全然違うことをやり始めるかもしれないし、ネットでインフラを支える会社としては、いずれにせよインターネットに流れる情報の流用度が増えれば我々としては嬉しいなっていうところはありますよね。
うづら
・・・IoTについてもうちょっと喋っても大丈夫ですか?
あんちぽ
どうぞ(笑)。
うづら
最近、知り合いの間で hue というのが、がめちゃくちゃ流行っているんです。これは、せいぜいリモコンで付けたり消したりするくらいだった普通の電球が、スマホと連携して時間帯によって明るさや色を変えたりとか、モニタリング操作できたりとか、カスタマイズがいろいろとできるようになっているというものらしいんですが、そういうインターネットを通じて直接いじれるようなおもしろいものが徐々に出てきてるなと思います。ただ、そういうものはまだまだ値段が高くて、hueだと3万円くらい。
あんちぽ
電球そのもので3万円ですか?
柴田
LED電球3つとコントローラーで3万くらいですね。色も変えられるんですよ。
うづら
IoTの最大の障壁はお金的なところですね。2015年は、そういったものがどこまで安くなるかは注目したいと思います。
あんちぽ
部品がどんどん安くなっていかないと、なかなか難しいですよね。最近流行っているドローンとかも、ベンチャーとかから個人ユースとかホビー向けにいろいろ出てきていますけど、こなれてきて安くなってきてノウハウが溜まってきてっていう感じにならないと、世間に広まっていくのはなかなか難しいって感じがしますよね。じゃあ、柴田さんどうですか?
柴田
僕はやっぱりRubyが基本にあるんですが、今年はmrubyに特に注目していこう思っています。
lamanotrama氏のうしろでにやけるudzura氏
あんちぽ
組み込みRubyってやつですよね。
柴田
ですね。WEBの会社にとってApacheやNginxは非常に重要なソフトウェアなんですけど、Cが分からないと動きを変えるようなモジュールを書くのが難しい。一方でプログラムを書いたことがある人が見ればだいたい書けるのがRubyのウリであって、そのRubyを使ってWEBサーバの制御を可能にするmod_mrubyやngx_mrubyという拡張があるんです。これって結構、パラダイムが変わるものだと思うんですね。
あんちぽ
なるほど。ホスティングにおいて凄い可能性があるっていうのは、実は既に取り組みとして実証済の部分もあって、ひろやんがngx_luaを使って、Sqaleで動的プロキシを書いたりしてましたよね。
ひろやん
コアなところをCで頑張れる人がいた方いいというのはもちろんそうなんですが、一部の人しかできないみたいなのだとスケールするにも限界があるし、いろんな人が触った方が可能性も広がっておもしろいと思ってます。あとは、mrubyだと「とりあえず書いてみよう」っていうハードルの低さもあるから、チョイチョイってやってみて「あー動いた!」ができますよね。上手くいけばそのままGOだし、問題が出たら本格的に考えようとか、カジュアルに試せるのも良い。Cだとどうしてもセキュアにバグなく書いてコンパイルして・・・っていうハードルがあるので。
あんちぽ
今まで、ハードウェアや設定ファイルを使って対応していたのを、ソフトウェアで動的な要求に対応しましょうっていう部分でやりにくかったことが、Rubyでできるってことになって、プログラマーにとっての可能性が広がってきたのかなっていうことですかね。黒田さん、2015年はどうですか?
黒田
Serf/Consul 辺りですね。本番環境での利用事例がちらほら出てきているし、プロダクト自体も安定してきている感じがするので、そろそろうちも入れたいなと思っているところです。
あんちぽ
これは何が嬉しいんですか?
lamanotrama氏のうしろでにやけるudzura氏
黒田
内部DNS、ロードバランサ、メトリクス周りの細々としたツールとかの設定を勝手にアップデートするような、いちいちやらなきゃいけなくて面倒な部分がだいぶ楽になりますね。今後のプライベートクラウドの導入に合わせて最初から全ホストで入れておくみたいなこともしやすくなるので、サービス横断で展開しやすくなりますし、だいぶメリットが出せると思ってます。
あんちぽ
Consulだとうづらさんがいろいろやってますよね。
うづら
はい。実はもう本番環境に入れてみていたりしますが(笑)。監視専門とするなら Sensu とかのほうが設定が少なくていいかなって思うんですけど、Consulはどっかのサービスが落ちたとかのイベントをフックとして何かをするっていうその仕組みそのものが肝であって、監視ツールではないんですよね。なので実は、もっと広い範囲で使えるツールだと思っています。例えばAWSのAutoScaleみたいなやつがConsulを使って実現できたらいいなと思っていたりするので、もう少し調べてみたいなと思っていますね。
あんちぽ
インフラ界隈でもInfrastructure as Codeが一昨年くらいまで流行ってきた中で、個々のホストを見るのではなく全体としてクラスターとして扱いましょうというのが、SerfとかConsulとかによってきっちりツールとしてサポートされたってことだと思うんですよね。
うづら
いわゆるオーケストレーション層がより身近になったと思っています。一年半くらい前にオーケストレーションって言ってた頃って、オーケストレーションってなんだろう? Capistranoかな? って感じだったのを、Mitchell Hashimotoさんが「いやぁ違うんですよ、serfとかconsulとかそういうものなんですよ」って示してくれた。
あんちぽ
僕らとしては、昔からあるものを2014年色々バージョンアップして準備を整えたわけで、2015年はそれを更に攻めの方向に持って行きたいところだなぁという感じですかね。自動化おじさんたちとして、2015年、より頑張って行きましょうね。皆さん今日はありがとうございました!


〜おわり〜