新卒入社の話

第1話
みんなの就活事情
第2話
ペパボでの新生活
第3話
プロフェッショナルへの道

新卒入社の話

第1話  みんなの就活事情
第2話  ペパボでの新生活
第3話  プロフェッショナルへの道

今回の登場人物

内田 有香(ゆーか)

内田 有香(ゆーか)
2011年4月入社。ペパボ初のオフィシャルな新卒採用1期生。人材開発グループで採用担当。

黒瀧 悠太(くろくん)
2012年4月入社の新卒2期生。hetemlのソフトウェアエンジニア

奥村 晃弘(おっくん)
2013年4月入社の新卒3期生。hetemlのインフラエンジニア。

斧 竜摩(りょーま)
2014年4月入社の新卒4期生。ソフトウェアエンジニアとして技術基盤チームの元で研修中。2015年1月からロリポップ!配属予定。

配属後、当時のサービス責任者が温かく迎え入れてくれた

ゆーか
実際に配属が決まって、最初に担当サービスに配属されたときの気持ちとか、仕事をし始めた時の気持ちを聞いてみようかな。 まずは私から話しますね。最初は、JUGEMにCS(カスタマーサービス)として配属されました。JUGEMはもともと使っていたサービスだったから、配属先を聞いた時は嬉しかったですね。実は福岡支社で働く事にも興味があったので、少し寂しいな、とも思ったんですけど。
当初は、お客様からのお問い合わせに対して、これが正解ですって自信を持って答えられるほどサービスについての知識を持っていなかったから、間違いを指摘される度にごめんなさいって思いながら仕事をしたり・・・二人の先輩がサポートしてくれて、もう本当におんぶに抱っこでした。でも、チーム皆が、私の書いた議事録を見て「ここの書き方はすごい分かりやすくていいね」と言ってくださったり、「ここはこういう風にした方がいいと思うよ」とか指摘してくれて、温かかったなっていうことを覚えています。
JUGEMは入社した年の7月から担当していたんですが、しばらくして人事に異動する話をいただいて、3カ月後の11月から人事担当になりました。それから今に至るまで丸3年人事担当です。
新卒採用入社の話
くろくん
ゆーかさんはずっと人事担当だったと思っていました。カスタマーサービスも経験されていたんですね。僕は、入社して1カ月でエンジニア研修が終わって、OJTをSqaleで受けて、2013年1月からhetemlに配属され、今に至ります。
ゆーか
最初配属されたときの様子とかって覚えています?
くろくん
当時のサービス責任者が温かく迎え入れてくれたのを覚えていますね。Sqaleでやってたこともちゃんと見ててくれてて、くろくんはこういうの作ったんだね、すごいねーって声をかけてもらえました。hetemlには二人の先輩エンジニアがいて、自分が真ん中にポコンと入って今に至るって感じなんですけど。先輩お二人はサービスの事を本当によく考えていて、毎日とても活発に意見交換をされていて。意見がぶつかる時もありますけど。
新卒採用入社の話
ゆーか
間に座っていて緩衝材的なポジションなんだね。でも刺激をもらえて視野が広がるよね。やっぱり良いものを作りたい、という気持ちからぶつかるのかな。
くろくん
そうですね、例えば、1人の方は職人気質な感じで書くコードも美的な感じで、こう書いておかないとメンテが大変だしとか、動作が遅くなるからっていうのを意識しているんですね。だから人が作ったものに対してズバズバ的確にアドバイスをして。それはhetemlを良いサービスにしたいから、良いプロダクトにしてお客さんに出したいからっていう気持ちからだとご本人が言っていて。
ゆーか
怒って言ってるわけじゃないんだよね(笑)。
くろくん
技術的なことを説明するときに、言葉の表現とか例え方とかがすごくわかりやすくて。そういうところを今すごく見習っています。
ゆーか
そういうのは一緒に働いてみないと分からないですもんね、絶対。
くろくん
そうなんです、そしてむっちゃコード書くの早いんですよ。そういうすごい人が側にいて楽しくやれています。
ゆーか
おっくんはどうですか? 配属されたときの気持ちというか。
おっくん
僕の場合はちょっと事情が変わっているというか、インフラをやりたいと希望を出していて、本当だったら技術研修が終わった後OJTに入るときに、Sqaleとかブクログとか複数のサービスを一週間ごととかにグルグル回るっていう他のエンジニアと同じ流れに乗る予定だったんです。
だけど、インフラをやるのであればそうじゃなくて一個のサービスに入ってガツンとやった方がいいっていうのを技術基盤のエンジニアの方が提案してくれて、OJTではずっとhetemlに入ったんです。多分配属もhetemlだろうなーと思っていたので、実際にhetemlで配属が発表されたときは、ちょっとホッとしたっていう感じですね。むしろ周りの同期が配属直前は皆緊張してだんだんナーバスになっていました。僕も多少引きずられるように不安にはなったんですけどね(笑)。
新卒採用入社の話
ゆーか
やっぱり皆ドキドキするからねぇ。
おっくん
同期の皆にだんだん緊張感が漂っていって。 配属って結構人生を左右することだと思うんで、それを見ていて自分も緊張はしましたけどね。でも、希望通りhetemlのインフラをやらせてもらえて、感謝しています。
ゆーか
じゃありょーまくんはどうかな?まだ配属先が発表されたばかりだとは思うんだけど。
りょーま
はい、10月末に配属の発表がありました。配属先はロリポップ!です。発表されるときは同じように皆やっぱりソワソワしていていましたね。配属に関しては、福岡研修があったおかげでそこまで不安はないですし、自分が昔からホームページ制作で使っていたサービスでもあるし、ユーザーさんをイメージしやすいサービスに携われるっていうのが楽しみです。実際まだ業務には入っていないので、これから何をやるんだろうっていう漠然とした気持ちにはなりますが、でも気持ち的にはワクワクしつつ、早く仕事覚えられたらという気持ちです。
ゆーか
1月1日が正式な異動日で、冬休み明けから新しい配属先で働く予定なんだよね。頑張れ!
では、次の質問。みんな今こんなエンジニアになりたいみたいなイメージって持っていますか?
くろくん
hetemlで先輩にいろいろ教えてもらって、ビジネスとエンジニアリングを高い技術力を持って渡り歩ける人になりたいなと思ってます。そのロールモデルとして先輩方がいるんで、まずはそこを目指したいなと思っています。
ゆーか
先輩はシニアエンジニアだしね。じゃ、おっくんはどうですか?
おっくん
そうですね、一応今の職種はインフラエンジニアですけど、入社した時に一番最初の座学で大先輩にソフトウェアエンジニアを目指してくださいと言われて。それを聞いて、自分はインフラエンジニアだからここしかやらないとか、そういう一箇所にとどまることはせず、上から下まで全部できるオールラウンドなプレイヤーになれたらいいなっていうのをずっと思っています。 インフラエンジニアって、比較的コードをあまり書かない職種なんですね。でも僕はそういうところもちゃんとカバーしつつやっていきたいですね。軸足としてはインフラエンジニアでいるんですけど、自分はこういう職種だからここはやらないみたいな取捨選択はせずに、何でも知識と呼べるものは吸収していけるようになりたいです。
ゆーか
いいですね。
りょーまくんは、これから本格的に仕事が始まるっていうところだけど、こんな風になりたいなっていうのはありますか?
りょーま
そうですね、今のおっくんのお話にすごく共感した部分があります。
自分は一応アプリケーションエンジニアとして配属されるんですけど、ペパボという会社は仕事の垣根がないというか、自分が興味を持ったこととか積極的に取り入れさせてもらえる空気があるので、そういう意味で自分の本当に必要なものを仕事の中でどんどん吸収していけたらなって思っています。あとは、研修の段階で本当に幅広いエンジニアリングの世界を見せてもらえたので、これから土台を積み上げていきつつ、考えていきたいです。
ゆーか
うんうん、りょーまくんはこれから楽しみだね。
新卒採用入社の話

Webサービスを提供し続ける会社の醍醐味

ゆーか
では最後に、うちならではの楽しさというか、Webサービスを提供しているペパボで働いていて良かったなと思ったこととか、醍醐味みたいに感じることとかあったら教えてもらいたいなぁと思うんですけども。またくろくんから聞いていい?
くろくん
技術者として本当にすごい先輩、同期後輩がたくさんいるので、常に刺激を受けていて、自分の成長につながっているなと思うし、技術者として働く上ですごくいい環境だなと思っています。 あとは、自社サービスを運用する仕事なので、お客さまの声がすぐ返ってくるのが、とても励みになります。 twitterで「これいいね!」って言われるとか、hetemlやSqaleでユーザーさんからの技術的なお問い合わせに対応した際には、後日カスタマーサービス担当のスタッフから「ありがとう」ってお礼が来ましたよって教えてもらったり。そういう声をいただけるのはすごく嬉しいなって思います。
新卒採用入社の話
ゆーか
使ってくれてる人と直接やり取りするからこそある、嬉しい瞬間だ。おっくんはどうですか?
おっくん
そうですね、ペパボのインフラエンジニアっていろんなサービスのサーバーにログインして作業するんですけど、heteml、ロリポタッチ、30days Albumグーペプチ・・・それぞれ裏側で動いている仕組みとかが全然違っていて、サービスを横断していろんなサーバーの仕様とかを見ていくにつれて、技術的にはとにかく横にも広ければ奥にも深いというのを感じますし、一つのWebサービスを担当するのに比べて学べる要素がたくさんあるなと思っています。 先輩のシニアエンジニアの方やアドバンスドシニアの方みたいにかなり深いレベルの知識を持っている方も多いのでいろいろ教えてもらったりもできますし、こんなにいろんな種類のアーキテクチャを勉強できる場所ってそうそうないんじゃないかなっ思っています。やっぱりそれはペパボが複数のWebサービスを展開している企業だからだな、と思います。
新卒採用入社の話
ゆーか
言って欲しい言葉を全部言ってくれたよ、今(笑)。ありがとう。
さて、りょーまくんはどうでしょう? 入社後7カ月経って、何か感じます?
りょーま
僕も、ペパボに入る前からサービスの幅が広いなっていうのはずっと感じていて。ホスティングというベースがありつつ、アプリなどの新規事業にも積極的に取り組んでいったりとか、スピード感がありますね。研修が始まってサービスの裏側に触れてみて思ったのは、Rubyをはじめとした新しい技術をどんどん取り入れていこうみたいな動きがありながらも、既存サービスの強化おろそかにしないところがすごいということ。まだ研修の段階なので、深いところは語れないんですけど(笑)。技術の幅も広いし、優しい方も多いし、尊敬できる方が多過ぎて、自分のロールモデルを探すのはまだ選びきれないなあ、という状況です。
新卒採用入社の話
ゆーか
新卒採用では総合職とデザイナーとエンジニアの3職種を募集していて、職種の割合では去年も今年もエンジニアの採用人数が一番多いんですよ。今年は10人中6人がエンジニアでした。 自社サービスを提供している以上、技術に力を入れている会社であり、力を入れないといけない会社なんですよね。
さっきおっくんが言ってくれたように、他の会社だったら、そのサービスだけで一つ会社になってもおかしくないようなものが、今もう20個近くありますよね。すごく幅広い知識が必要だし、いろんなタイプの人が必要になってくる。
エンジニアの研修についても、さっきりょーまくんが言ってくれてたように、社内のすべての先輩エンジニアと関わって色々なことを学んで欲しいし、人事も、幅広く内容も深い研修ができるよう考えています。新卒で入って来た人たちには、そんなペパボの知識やノウハウの集大成に自分がなれるわけで、その環境にいることがすごくラッキーだなって思ってもらると嬉しい。
私も人事の知識の集大成になれるように頑張ります。はい。
今日はありがとうございました!

»GMOペパボ株式会社 新卒採用2016特設サイト
新卒採用入社の話


〜おわり〜