新卒入社の話

第1話
みんなの就活事情
第2話
ペパボでの新生活
第3話
プロフェッショナルへの道

新卒入社の話

第1話  みんなの就活事情
第2話  ペパボでの新生活
第3話  プロフェッショナルへの道

今回の登場人物

内田 有香(ゆーか)

内田 有香(ゆーか)
2011年4月入社。ペパボ初のオフィシャルな新卒採用1期生。人材開発グループで採用担当。

黒瀧 悠太(くろくん)
2012年4月入社の新卒2期生。hetemlのソフトウェアエンジニア

奥村 晃弘(おっくん)
2013年4月入社の新卒3期生。hetemlのインフラエンジニア。

斧 竜摩(りょーま)
2014年4月入社の新卒4期生。ソフトウェアエンジニアとして技術基盤チームの元で研修中。2015年1月からロリポップ!配属予定。

2011年4月、初めて実施した新卒採用選考を通過した若きスタッフ10名がペパボへ入社しました。その後も毎年新卒採用を重ね、つい先日、ペパボ新卒6期生となる2016年入社の採用活動を開始していす。今回は、そんな新卒採用選考を通過し入社した各世代のスタッフに、初めての社会人生活をペパボで過ごすことに決めた経緯と、現在の業務や活動について話してもらいました。
ゆーか
では早速。各自自己紹介からということなんですけど、一人ずつ話していきましょうか。まずは私からで。2011年の4月にペパボの新卒1期生として入社しました!人材開発グループで採用担当をしています。私は長野出身です。長野の上田という場所で、真田幸村ゆかりの地です。では、つぎはくろくん。
くろくん
僕は2012年の4月にペパボの新卒2期生として入社して、今はhetemlのソフトウェアエンジニアです。渋谷で生まれたんですけど、2歳からはずっと神奈川県横浜市で過ごしました。
ゆーか
渋谷で生まれたってシティーボーイだね。おっくんは?
おっくん
2013年の4月に新卒3期生として入社しました。hetemlのインフラエンジニアです。琵琶湖のある滋賀県の草津市出身です。よく間違われるのは「草津」というと皆さんすぐ温泉を思い浮かべて、地理に詳しい人は僕が関西弁を喋って草津出身というんで、「あれ?群馬じゃなかったっけ?」と。で、「草津って群馬の他にもう一個あるんですよ」という話をしたり。で、意外と皆さん温泉の場所がよく分かっていなくて、「滋賀県生まれで草津出身です」というと「草津温泉って滋賀県にあるんだ」ってなる人も結構多いです(笑)。そういう誤解を生みやすい土地の出身です。
ゆーか
滋賀県か〜確かにおっくん同期のトビー(京都出身)と喋ってる時はコテコテの関西弁だよね。りょーまくんは、今年4月に新卒4期生エンジニアとして入社したばかりだよね。
新卒採用入社の話
りょーま
そうです。今入社して8カ月が過ぎたところです。僕は、くろさんの実家とちょっと近いんですけど、横浜生まれです。
くろくん
シティーボーイじゃん!(笑)
りょーま
横浜って結構広いので、横浜の中でも結構田舎の方です。金沢文庫っていうところで生まれました。
ゆーか
関西ボーイとシティーボーイで。
では一通り自己紹介が終わったので、入社までの経緯とかを聞いてみようかな。学生の時は何を専攻していましたか?皆、理系だっけ?
くろくん
僕とおっくんは理系で、りょーまは文系ですね。
ゆーか
じゃあ、新卒2期生のくろくんから。学生時代の専攻とか勉強していたことを教えてもらえる??
新卒採用入社の話
くろくん
工学研究科情報学専攻出身です。 認知心理学、感性工学という分野で、例えばあるドラムのリズムパターンを聴いた時に人が感じる感情を調べて、分類する研究をしていました。このパターンだと気分が高揚する、とか・・・
ゆーか
へえ~Webとはまったく違う分野だったんだね!それなのに、ペパボの新卒採用を受けようと思ったきっかけは何だった?
くろくん
同じ研究室にすごくWebに詳しい後輩がいて、その子がリクナビを見ている時にちょうどペパボのページを開いていたのを見たんです。「何だ、この会社?」っていう印象でした。後輩に聞いたら paperboy&co.(※)っていう会社で、「”ロリポップ!”とか知りませんか?」って聞かれて。知らなかったんですけど、後で気になって調べてみたら、結構おもしろそうだなって思ったんですよね。で、今ここにいるっていう経緯です(笑)。
(※)paperboy&co. GMOペパボ株式会社の旧社名。2014年4月に株式会社paperboy&co.(ペーパーボーイアンドコー)から社名変更を行いました。
ゆーか
へー! 調べてみて一番最初に気になったサービスとか、働いてみたいって思ったサービスはあった?
くろくん
特にこのサービスっていうのはなかったですね。ただ、研究室で自作サーバーみたいなのを立てたことがあったんで、hetemlとかそういうホスティングサービスに行くかも・・・みたいな想像はしました。あ、あと面接の時はカラメルに行ってみたいって言ったかもしれません。
ゆーか
なるほどね。次は、3期生のおっくん。私が人事として採用担当を始めたのがおっくん達のときからなので、面接の時の話とか結構覚えてるよ。おっくんは大学では何を研究してたの?
新卒採用入社の話
おっくん
えーとですね、うちの大学は名古屋工業大学といって、工学系の単科大学なんで工学部しかなかったんですね。そこの情報工学科出身です。ちなみに男女比は9:1で、ほとんど男です。さらに、その1割の女性達も建築デザインとか化学に行っちゃうので150人男がいて女の子が3人みたいなところで・・・(笑)。そこで、プログラミングの基礎的なこととか、確率の勉強とかをずっとやっていました。大学の授業はそんな感じです。大学院はまた分かりにくい名前で、創成シミュレーション工学専攻って名前で。
ゆーか
そうせいシミュレーション工学・・・
おっくん
創成シミュレーション工学専攻です。名前からイメージしづらいですよね。やっていることは情報工学です。
ゆーか
くろくんは名前を聞いてどんな専攻かイメージできる?
くろくん
できますね(笑)。
ゆーか
やっぱり分かり合うものがあるんだね。おっくんは情報工学ってことで、ペパボのサービスに近い勉強をしてたと思うんだけど、入社前にこのサービスで働いてみたいって思っていたのとかはあった?
おっくん
最初は特になかったですね。内定式の頃に、インフラ方面の仕事をやりたいと思って、それでhetemlっていうサービスを紹介されて、そこからはhetemlをだんだん意識するようになったんですけれど、内定をもらった段階あたりでは特にこのサービスっていうのは・・・。自分の中では、ペパボといえばロリポップ!とブクログのイメージがすごく強かった、というくらいですね。
ゆーか
入社前は自分の知ってるサービスで働きたいと面接で言ってくれる人が多いんだけれど、入社後の研修などで他のサービスの事も知って興味の幅が広がっていくから、配属の頃にはいい意味で方向性が変わっていることもよくあるよね。
じゃあ、次は、りょーまくん。りょーまくんは文系出身なんだよね。
新卒採用入社の話
りょーま
そうですね、僕は経済学部経営学科でした。実家がお店を経営しているので、そのためにマーケティングを勉強したいなって思って大学に行ったので、学問としては経営をずっと勉強していました。ただ、周りにWebが好きな人が本当に多かったんでそっちにも興味を持ちだして…。自分も技術を身につけたいなと思って、Web制作の会社でアルバイトをしてました。なので、プログラミングに関しては最初は趣味でやっていたという感じです。
ゆーか
確かりょーまくんはちょっとデザインにも興味があったよね?
りょーま
そうですね、アルバイト先の人数が少なくて、デザインから制作まで任せてもらえたのもあり、いろいろな技術を身につけられました。
ゆーか
書類選考のときに出してくれた資料が、すごくオシャレだったのを覚えてる。
りょーま
それ実はゼミでやった内容だったんです(笑)。企業研究をするようなゼミで、自分が興味持っている企業についていろいろ調べる、というテーマで最初に調べたのがペパボだったんですよ。2年の終わりか3年のはじめごろだったかも。そのときの資料が残っていたので、提出したっていう・・・。
ゆーか
ゼミではいろいろな会社を調べたと思うんだけど、一番最初がペパボだったの?
りょーま
はい。Web系の会社に行きたいという思いがあって、ペパボに興味を持ったんですが、その企業研究のおかげで、社員の方のブログやtwitterを見たり・・・。調べているうちに、すっかりペパボの雰囲気のファンになりました。
ゆーか
なるほどね~このインタビュー面接っぽい!(笑)
新卒採用入社の話

内定から入社まで

ゆーか
では、内定後、入社までのお話を伺っていきましょう。ペパボでは毎年10月に内定式を行っています。内定式は、その年の内定者が初めて一堂に会する機会なので、内定者のみんなにはリラックスして過ごしてもらえたら、という思いでケンタロさんがコスプレをしてお出迎え(※)しています。・・・ありがたいことに、マイナビニュースさんが取材に来て下さったので、詳しくはWebでご覧ください(笑)。
(※)ケンタロさんのコスプレ内定式  »マイナビニュース:ペパボ社長のコスプレ姿コレクション
2013年 聖火ランナーの内定式や、 2014年 ボーイスカウト風内定式の模様も取材いただきました。

そして12月には東京・福岡の社員が一堂に会する年に一度の「年末総会」と社員旅行があるんですが、内定者のみなさんにもこの2つのイベントに参加してもらう、というのが恒例となっています。 ところで、みんなは内定後に入社に備えて何か準備していたことはありますか?
おっくん
僕は、年末の社員旅行での宴会の後、あんちぽさんから課題図書を言われて・・・4冊。でもあんちぽさんそのときかなり酔ってて、あとで聞き直したんですが言ったことを覚えてなくて。
ゆーか
そうそう、おっくんがその後人事に問い合わせてくれたんだよね。「課題を出されたのですが酔っ払っていらっしゃったので・・・」って(笑)。
おっくん
最終的にはタイトルも判明し、4冊買いました(笑)。大学の研究が忙しくて大変だったんですけど、できるだけ読みました。確かRubyやSQLの本だったと思うんですけど。あ、酔っていましたけど、強制ではなかったですよ!
りょーま
ちなみに自分も、社員旅行の時にあんちぽさん同じこと言われました(笑)。その時も酔っ払っていました。
おっくん
年末旅行のとき、あれだよね、二次会でちょっと酔いが回ってきたあたりの(笑)。
りょーま
ですです。自分も苦戦しながらでしたが、入社前に目を通しました。
新卒採用入社の話
くろくん
僕は2012年入社で、その頃はまだあんちぽさんがいなかったので課題図書はなかったです(笑)。大学の研究とか勉強とか、そういうのをちゃんとやっておこうみたいなことを考えてました。ペパボから、学生生活は最後なのでそれを謳歌してくださいって言われていたので、学生のうちにできることはやっておこうと思って。
ゆーか
酔ってない時のあんちぽさんもよく言うんだけど、学生の間は研究とか勉強とかに集中してくださいっていうのはありますね。課題図書に関しては、きっと学生のうちに読んでほしい本、というのがあるんだろうな。入社後も役に立つ本なんだろうな、と思います。


~第2話へつづく~