福岡支社の話

第1話
福岡コミュニティ事情
第2話
どこにいようが関係ない

福岡支社の話

第1話  福岡コミュニティ事情
第2話  どこにいようが関係ない

今回の登場人物

近藤 宇智朗(うづら)
ペパボ福岡支社 技術基盤チームのシニアエンジニア。全サービスを横断してフルスタック雑用中。名古屋じゃない愛知県出身。2013年10月にGMOペパボ入社後、修羅と豚骨と甘口醤油の試される大地福岡に家族とともに乗り込んだ。結果、おでんに味噌をつけて食べなくても平気になる。ルビーの本を書いています。

西岡 かおり(ぴん子)
ぷりぷりデザイナー。鹿児島県出身。東京本社でのエンジョイライフを終え、最近福岡支社にジョインしてきた。現在はロリポップ!でぷりぷりしている。ゲームをやるのも、作るのも好き。最近ねこが家族に加わりました。

小田 知央
ペパボ技術基盤チームでロリポップ!専属雑用中なシニアエンジニア。最近はFukuoka.goの運営協力など、Goに夢中。むかし、The Scumgroundというハードコアバンドをやっていた事もあり絶叫変拍子系が好き。SCRAPTUREというサイトを8年運営している。

アゲていこう、福岡クリエイターズ

おださん
うづら
小田さん、ご出身は確か熊本でしたっけ?
小田
はい、高校まで熊本で、大学入学のタイミングで福岡に住みはじめました。大学は北九州だったんで博多じゃないですが。
うづら
東京に行ってみたいという気持ちは特になかったですか?
小田
あー、東京・・・。ずっと行ってみたいと思っていたんですけど、なんだろうな、歳とってみてあまり東京に魅力を感じなくなったというか、たまに東京に出張とかで行くだけで充分だなと思うようになっちゃった(笑)。
ぴん子
若い頃はね、行きたいって思うんですよ、東京(笑)。
小田
そうそう、一度は憧れるんです、東京に。人の活気があって、パワーがある街だから。
うづら
最先端なことを追いかけるのには東京がいいっていうのは一理ありますね。まあ、今はインターネットがあるから、どこに住んでいても情報は追いかけられるとは思いますが。
小田
インターネットの場合、田舎都会関係ないですからね。
うづら
あとはペパボの場合、東京で働いている社員もいるから、情報共有してもらったりとかも出来ますしね。あ、でも東京本社の人たちはこういうの出来て羨ましいな~、とかありますか?
小田
うーん、イベントの規模が大きいっていうのは羨ましい!
福岡クリエイターズ
ぴん子
毎日イベント開催中みたいな感じですよね。
小田
でもまあその辺は考え方によって一長一短で。福岡では、自分のペースで気が向いたときにそういうのをやれるのがいいっていう意見もある(笑)。
うづら
そうそう、自分のペースでやれるっていうのはありますよね。福岡は日没が遅いから定時の後でも明るくて、色々やろうかなっていう気にもなるし。
小田
東京とは30分くらい時間差があるんでしたっけ?
ぴん子
あると思う!福岡に来てから、会社出てもまだ明るい!って思います。
うづら
よしっ、おまえら飲みに行くぞ!とか言いたくなっちゃう。でもまあ大人しく帰ってますけど…(笑)。

福岡での技術者事情

うづら
まあそんなこんなで、皆さんに福岡の良さについての話をしていただいたところで、次のテーマに行きますね。福岡での技術者事情について話す前に、福岡以外の読者の方に向けて福岡ではどんなイベントをやっているのか、ペパボ福岡支社でも実際に協賛しているイベントがあるので紹介したいと思います。 さっきもRubyの話が出てきましたが、福岡県ってRubyに結構力を入れているんです。「フクオカRuby大賞」という毎年開催しているイベントでは、ペパボもほぼ毎年協賛してますね。「福岡技術情報サミット」というイベントでもスポンサーをしたり、僕個人も他社の方と一緒にエンジニアとして登壇させていただいたりしました。 LINE福岡さんだったりNulab(ヌーラボ)さんだったり、福岡もIT企業が増えて、みんなでエンジニアシーンを盛り上げて行こうとしてる実感があります。
小田
おお!ぜひ皆で何かやれたらいいですね。
うづら
一度やってみたいですよね。2人は他社のエンジニアやデザイナーと交流あったりします? 
小田
うーん、OBと繋がって、バーベキューしたりとか。
うづら
勉強会じゃなくてバーベキュー(笑)。
小田
勉強会で顔を合わせることとか、そういう飲み会だったりとか開いたりとかはありますね。福岡狭いんで、すぐ情報が入ってくるみたいな。
ぴん子
わかる!福岡狭いですよね。個々のコミュニティ同士も密着してて、JS Girls Fukuokaで知り合った方と、他のイベントでもお会いしました。
ピン子ちゃん
うづら
Rubyの勉強会に出て、次の日JavaScriptの勉強会に出たら、「あれ、昨日見た人ばっかり」みたいな。
ぴん子
あ、この人また会った!みたいなのが多いですね。
小田
あと有名人が来るとドッと集まったりとか。
うづら
そうですね。近々ペパボ福岡支社でも有名な方を招いて勉強会を開催するんですが、知ってる顔が沢山集まりそうな予感がしてます。こないだ、Fukuoka.rbとFukuoka.goで共同で勉強会やった時も色んな人が集まってましたね。
小田
海外からも来てましたよね。
うづら
いや、あれは出身がアメリカで、福岡在住の方です(笑)。その時はペパボの人もLTしたり、かなり交流が深まったんじゃないかなって気がしました。小田さんは最近登壇とかしてます?
小田
定期的にはFukuoka.goで話すくらいしかないんですが、これまでが登壇とか全然してなかったので、Fukuoka.goを通じて少しずつ機会が増やせればいいなぁと思ってます。
- ちなみに今まで登壇していなかった理由とか何かあるんですか?
小田
何でだろう?どんな勉強会があるのかをあまり知らなかったからかな。でも、新しい言語が出てきてて、面白そうだし、自分も学びながら情報共有したいって思った時に勉強会ってすごくいいですよね。あ、あとは社内で勉強会があったから、あまり社外に目がいかなかったのかも。
うづら
でも、ペパボの技術基盤チームってちょっと有名な感じがあるんで(笑)、その地位を利用して社外でも企画してみよう!みたいなのもありませんか?
小田
(笑)。表に出て行かないといけないですよね。
うづら
僕も福岡に来てからは、一回LTして、Fukuoka Rubyで少人数の前で喋ったのと福岡技術サミットで前出たぐらいで、登壇らしい登壇ってそんなにはまだ出来てないですね。逆に、東京居た頃は凄い頑張ってRuby KaigiでLTしてみようとかやったりもしてたんですけど、結婚して家族が出来たり、子供が小さいうちは難しいって思ってますね。その中でも、やれる範囲でやりたいなと思うんですけどね。・・・ちょっとしんみりしてしまいましたけどね。最近、他に何か注目してる言語とか、技術とか、イベントとかがあったら教えてください。Swiftとかどうですか?
小田
やりたいとは思いつつ、なかなかね…。
うづら
いろいろ一気にやると大変ですしね。特にペパボはいろんな人が居るんで、得意なこと頑張ってもらって、他の人はそれを追っかけて。教えたり、教えてもらったりする文化がありますからね。
小田
そうやって情報を共有していくと、組織でやってるメリットを感じられる。
うづらさん
うづら
皆で勉強しよう!みたいな文化があるのって、楽しいですね。今は福岡で働いていて、時間もだし、心理的な余裕が結構あるんですよ。通勤電車で疲れるってこともなくなったし、東京の時より第一人者になろう!チャレンジしよう!っていう気持ちが湧いてくる。
チャレンジといえば、ぴん子さんはデザイナーとしてイベントスタッフ側で携わったり、チャレンジするのが好きだと思うんですけど、やりたいことってあったりしますか?
ぴん子
そうそう、先日、ペパボの開発合宿イベント(お産合宿)に参加してきました。私たちのチームはUnityを使ってゲームを作ったのですが、私は今までUnityって少ししか触ったことがなくて。今回の開発合宿で、初めて、同じチームのプログラマ、いもっちにきちんと教えてもらって挑戦してるんですけど、Unityを使うとキャラクターにアニメーションがめちゃくちゃいい感じにかけられるんですよ!なのでアゲアゲな状態です(笑)。あとは今後3日間かけてモノ作りをする大八耐というイベントにも参加してみたいと思っています。
うづら
ファンキーですね。
小田
格好いいなぁ。
うづら
そして開発合宿ではゲームを作る、と。ゲーム系って福岡盛り上がってるんですよね、ゲームの会社多かったりとか。
ぴん子
うん、結構ありますよね。
うづら
僕は前職がゲームを作る会社で。Unityを触ったり、Ruby書いてたりしたんで。今は直接は作っているわけじゃないけど今でも注目してますね。
ぴん子
いいですね、私自身がゲーム大好きだから、自分の作ったゲームを皆に楽しんでもらいたい!ってういうのをライフワークにしたいと思ってて。合宿で作るゲームも完成したらぜひ遊んでください(笑)。
うづら
ゲームのクリエイターってデザイナー出身の方が多い気がしますね。自分で絵を描いたりモーションつけたり、ついでにコードも書いてやるぜ!みたいな勢いがある人が多いイメージ。
ぴん子
私もコード書けるようになりたいんですよ。
福岡クリエイターズ
うづら
そういえば、ちょっと話が変わるんですが前のゲーム会社の時の同僚が今島根県の松江に住んでいるんですけど、島根に居ながら作ったインディーズゲームが東京のゲーム業界界隈でめっちゃ話題になってたんですよ。アイデアと情熱と技術力さえあれば、どこにいようが関係ないんだってすごく勇気づけられましたね。
ぴん子
素晴らしいですね!そういう情熱を持ってこそですよね。私もインディーズゲームいつか作ってみたいと思ってます!
うづら
ぜひ作ってもらって一緒に福岡盛り上げていきましょう!やっぱり福岡のクリエイターに元気になって欲しいなっていうのがあるんで。皆さんは、福岡っていう地域コミュニティにこういう人が居たら楽しそうっていう、こういう人に来てほしい、みたいなのあったりしますか?
小田
さっきも話が出たように、リーダー的なキャラクターの人が現れると、凄く良くなるんだろうなっていうのはありますね。
うづら
俺について来い!っていう感じで引っ張っていくという感じですかね。
小田
東京にはそういう人がいっぱい居るようなイメージなんで、ぜひ福岡に引っ越して来て欲しい(笑)。
うづら
あなた福岡出身ですよね!どうですか!?みたいにスカウトするしかないか…。冗談はさておき、あとは、自分が福岡でどういうエンジニア・デザイナーになっていきたいとかも大事ですよね。そのあたりの意気込みも聞きたいです。
小田
やっぱりさっきも話題にあがったゲームクリエイターの方もそうですが、地方に居ながら全国レベルの影響を及ぼせたらカッコいいなぁって思うのはあります。
うづら
Rubyコミッタの近永さんとか、Javaのきしだなおきさんのような、福岡に居ながら東京のエンジニアシーンでも強い影響力を持ってらっしゃる方々もいらっしゃいますし。僕もそこを目指したいですね。うづらっていう人が福岡に居るんだ、うづらさんと一緒に働きたいから福岡に来ました!みたいな。
ぴん子
確かに福岡に居ながら、全国に影響を及ぼすくらいのクリエイターになりたいなっていう風には思いますね。
うづら
よし!福岡発のインディーズゲームで、ゲームショーを目指しましょう!!
ぴん子
(笑)
うづら
よし、じゃあ決意が固まったところで、締めは、皆の福岡おすすめスポットを紹介するっていうのはどうですか?
ぴん子
それ、いいですね。熱く語れそうな気がします。
うづら
おお。それじゃあぴん子さんはトリで。僕はそんなに福岡に引っ越してからそんなに長くないんですけど、妻と何回か旅行デートでも福岡に来ていて。思い出の地というのもありますが、一番好きなのは北九州の門司港レトロです。北九州っていっても電車で一時間なので。海が近くて、雰囲気が良くて、あと焼きカレーが美味しい!
小田
うづらさん、カレー大好きですよね。
うづら
好きですね~。そういう意味では2つ目のおすすめスポットは、ツナパハ。会社の近所のカレー屋さん。
小田
おすすめスポットが門司港とカレー屋さん(笑)。僕は、さっきも話しましたがやっぱり糸島かな。東京からもよく糸島に行く人いるらしいんですが、自然も多いし、サーフィンもできるし、海岸にはおしゃれなカフェも沢山あって最高です。
糸島
ぴん子
ありますね!
小田
早起きして海を見ながらカフェで朝ごはん食べたり、あとは糸島って山もあるので、さっき話したぶどう狩り行ったり、アクティビティも充実しているのでスカイダイビングとかパラグライダーなんかもできます!
うづら
スカイダイビング、やったんですか!?
小田
いや、まだチャレンジしたことはないんですけど…(笑)。でも、東京と違って家からすぐ近くのところでも自然と一緒に遊べて健全というか。歳を重ねると、福岡住んでてよかったな…としみじみ思います。
うづら
仕事ではパソコンの画面ばかり見てますからね。自然が必要なのは分かります。
小田
なのでぜひ、エンジニアの方にこそ福岡に来てもらいたいですね。
うづら
本当に東京にスカウトしにいきましょうか(笑)。では、最後ぴん子さんのおすすめスポットをお願いします。
大濠公園
ぴん子
はい、私は大濠公園舞鶴公園っていう、どちらも天神から徒歩圏内にある公園が大好きで。街中にあるのに緑がいっぱいで、舞鶴公園も大濠公園も四季折々の花が咲くんですね。事あるごとに歩いて行って、ちょっと息抜きしたり、福岡だと帰社時間がまだ明るいので、夕日をながめつつ植物を見たり…最高だなあと心の底から思います。大濠公園は、朝ランニングとかするのにも最適で、一周ぐるっと回ってちょうどいいくらい。とにかく大好きで、しょっちゅう行ってます。大濠公園。
小田
中にスタバがあるのも良いですよね!
ぴん子
そうそう!ランニングをするときは、ハアハア言ってるんで、スタバにいるお客さんに対して、あんまり見ないで~!とか思いますけど(笑)。あと、私は夫が福岡支社で働いていて、私の東京本社勤務時代は別々に住んでいたんですけど、福岡に来てから一緒に生活できるようになったので、それもいいところですね(照)。
小田
おお!それは何よりですね…!
うづら
心温まるエピソードが出たところで、そろそろ終わりの時間が近づいてきました。このインタビューを通じて、これまで福岡のイメージがわかなかった人が少しでも興味を持ってくれたら嬉しく思います。都市も自然もあって、情報や人も活発に動いているところなので後悔はさせません!

ちなみに、ペパボでは現在東京在住の方が、短期間お試しとして福岡で働ける取組み『ぼくらのクリエイティブキャンプ』に受け入れ企業として協賛しているほか、『ペパランチョン』という、新たな採用制度もはじめています。東京でも福岡でも開催していますので、「ペパボで働く」ということに興味を持って頂いた方は、ぜひ気軽に遊びに来てほしいな、と思います。

二人ともどうもありがとうございました!今回は福岡よりお送りしました。
僕に絡みたい人は、ぜひTwitter(@udzura)に突撃してきてくださいね。それでは次回のインタビューでもどうぞお楽しみに。
ペパボ福岡


〜おわり〜
  • 1
  • 2