新旧デザイナーたちの話

第1話
ペパボデザイナーの現場
第2話
ウェブデザイン道

新旧デザイナーたちの話

第1話  ペパボデザイナーの現場
第2話  ウェブデザイン道

今回の登場人物

星 隼人
取締役兼EC事業部部長。WEBデザイナーとして入社後、弁当男子として多分一世を風靡したこともある。最近はカラーミーショップカラメルなどのEC事業の責任者として、Excel のセルとセルを結合したり解除したりする日々を送る。

佐藤 咲(しょうちゃん)
新卒一期生。インターネットをこよなく愛するスーパークリエイティブなヘテムルメインデザイナー。先日のお産合宿では「三重殺」に新メンバーとして加わり、2日で250個以上のデザインを生み出す。似ていると言われる芸能人は神木隆之介。

福嶋 瞭 (ぷっちょむ)
新卒三期生。カラーミーショップ所属の大型新人系デザイナー。得意なレスポンシブデザインを使ったネットショップテンプレートをリリースし、人気に。入社直後に自宅付近を爆心地とし世田谷区一帯を壊滅に追い込んだ後、現在の髪型に至る。

長くやってるサービスこそ遊び心が大切

しょうちゃんはhetemlのデザイナーになってもう4年目ってことだったけど、そろそろ違うサービスに携わってみたいって気持ちもある?正直、飽きることもあるよね。俺、すげー飽きた時期あったよ。
しょうちゃん
そうですねぇ、まだ飽きた、って感覚になったことはないんですけど、hetemlはhetemlのテイストに則ってデザインしているので、可愛いものとか、かっこいいものとかにもチャレンジして、自分のデザインの幅を広げたいと思うことはあります。
例えばペパボの中だと、どのサービスのデザイナーやってみたい?
しょうちゃん
minneかな。可愛いですしね〜。何より、ものを売るサイトをデザインするってこと自体が私にとってはチャレンジです。今までレンタルサーバーのサイトしかデザインしてこなかったから、商品を売るデザインってどんな感じなんだろうって。 でも他のことしてみたいっていう気持ちよりも、hetemlっていうサービスへの愛着のほうが大きいですかね。hetemlを一緒に作ってるエンジニアとかカスタマーサービスとかのチームのみんなが喜んでくれるっていうのは私の中では結構大きな意味があります。お客さんのためにデザインするのは大前提なんですけど、チームの為にデザインをしているっていう部分も少なからずあって、ユーザーのみなさんが喜んでくれる、チームのみんなが喜んでくれるっていうのが、やっぱり一番モチベーション上がりますね。
サービスを長く続けていくと、提供する側もされる側もマンネリ化しちゃうよね。長くやってるサービスこそ、遊び心を忘れないことが大切だなって思う。サービスサイトにギミックを入れて遊んだりね。例えばロリポップ!って朝・夕・夜の時間帯で背景の色が変わるでしょ。そういうのって地味にウェブサービスらしさが出てるなって。 ウェブサービスって生き物だと思うので、日々更新されている感を出したり、ちょっと面白い部分があると、それだけで普通のウェブサービスと違うなって思ってもらえるんじゃないかな。GitHubとかTwitterとかもやってるよね、404エラーページでちょっと遊んでたり。みんなが気付くところじゃないけど、そういう小さなところも大切だよね、数字には結びつかなくても。 そういうことも考えて、実践できることがウェブデザイナーの仕事の魅力なんじゃないかな。

最近のウェブデザイン、行き詰まってきてませんか?

2人とも第一線のデザイナーとしてサービスに携わってるわけだけど、ウェブデザインで重要視する点ってやっぱり昔と変わってきてるのかな。
ぷっちょむ
そうですね、今だと重点を置いてるのはスマホをベースにしたデザインですかね。スマホでインターネットに触れる人が多いので、それを前提に考えるっていうのを大切にしてます。
なるほど。いままで何回かスマホ向けのデザインを手掛けてきたと思うけど、具体的にはどこに気をつけてデザインしてる?
ぷっちょむ
そうですね、ボタンの大きさ……でしょうか。
画面いっぱいのね。
ぷっちょむ
そう、画面いっぱいの。画面全部ボタンでいいかなって思いますほんと。
しょうちゃん
ほんと…に……?
ぷっちょむ
ブームになったYoなんて、人の名前別に分かれてこそいますけど、基本ほぼボタンで画面構成されてるじゃないですか。ボタンを押すためのアプリといってもいいぐらい。極端ですけど、あれぐらいボタン本位でもいいかな、って。普段PCのキーボードとマウスを使ってインターネットに触れる人よりも、スマホを使ってタッチしてインターネットを使う人の使い勝手を考えるべきかなと。若い人だけじゃなくて、ぼくらの親世代も普通にiPhone使ってますし、そういう状況を考えるとキーボードやマウスでいじる前提のデザインよりは、タッチした時に一番使いやすいように、指の可動域なんかをもっと考えたほうがいいんじゃないかって。
ウェブデザインていうのは、俺がデザイナーやってた6~7年前はPCありきで作ってたけど、もう今はまずスマホから作るイメージなんだ。
ぷっちょむ
そうですね、ペパボでもSUZURIなんかの新しいサービスはローンチ当初からスーパーレスポンシブですし。ボタンとか、スライダーとか、いろんな部品全部、どう配置すればスマホで一番使いやすいかっていうのを考えていかなくちゃと。
なるほど。ベタな言い方をすると、スマホファーストで設計して、その後PCに合わせていくっていう。
ぷっちょむ
そうですね、それが理想的ですね、もちろん状況にも寄りますけど。
スマホデザインを語る3人
じゃあ最近、このクリエイティブ良かったなーって思ったもの、何かある?
しょうちゃん
TwoDotsっていうゲームアプリのデザインですかね。
ぷっちょむ
TwoDotsいいっすね。
このゲーム結構難しいんだよな。デザイン的にどのあたりがおもしろい?
しょうちゃん
何でしょうね。ゲーム自体はシンプルなのに、細かい部分のギミックが多いって言うのかな。
ぷっちょむ
UIが素晴らしいっすよね。ライフが溜まったら、何回できるよって言うのが一発でわかるし、設定画面もすぐに飛べて、遊び方の説明もシンプルで。
しょうちゃん
TwoDotsが、ただステージが並んでるだけの画面だったら、ここまで魅力的だと感じないと思うんですけど、何だかワクワクするんですよね。
ぷっちょむ
どんどんコマを進めていって、次は何がでるかな?っていうワクワク感ありますよね。
ぷっちょむのお気に入りは?
ぷっちょむ
日頃から色んなサイトとかデザインとかめっちゃ見てるんですけど、最近これ!っていうのが、全然……。 最近のウェブデザインって行き詰まってきてませんか?同じパターンが多いっていうか、似たようなデザインのサイトが多いっていうか。個人的にはBootstrapのせいだと思うんですよね、特に海外のスタートアップ系のサービスはどこも使ってる。スタートアップってエンジニアがシャシャってサービス作っちゃって、リソースもないし、デザイナーもあまり雇えないし、それでみんなBootstrap使って似たデザインになっちゃうのかなって。普通に見栄えも綺麗ですしね。
尖った感じのデザインにしたいよね、って言って尖らせてみたら多分数値が落ちるんだよね。
ぷっちょむ
そうなんですよ。あれがきっと最適化された結果だと思うんですよね。でもそれって面白いのかな?ってなると、そこが悩みどころというか。 SUZURIは利用規約の文字を無駄にビョンビョン動かして遊んでたりしていて、いいなあと思います。見づらいぐらい文字がやたら動くんですよね。あとはTwitterのWeb版にもコナミコマンド入れると小鳥が回る、っていう遊び要素が仕込まれてたじゃないですか。必要ないんだけどあると喜ばれる、ああいう仕掛けもいいなって。ディズニーランドの隠れミッキーみたいな感覚で、知る人ぞ知るっていう。
あー、そうね。まさかTwitterがコナミコマンドを!?ってなったよね。ああいうギミック見つけると誰かに言いたくなっちゃうよね。
ぷっちょむ
そうですね、それが宣伝につながるっていう良い効果が生まれますよね
ウェッブデザイナーTシャツを贈る

やっぱりデザイナー道を極めるしかないですね

さて、じゃあ締めとして2人に今後の展望みたいなのを聞きたいな。こんなことにチャレンジしたいとか。
ぷっちょむ
僕は自分がデザイナーになったのは、たまたま今デザイナーの技術があったからだ、って思ってるんです。本当はもの作り全般を経験してみたい。ウェブでもウェブ以外でもいいんです。ウェブだと、プログラミングもそのひとつで、いま同期のエンジニアにRails教えてもらったりしてるんですけど。機会があれば何でもやっていきたいなと思ってます。
そういう希望がある中で、今の自分に足りないと思うものってある?
ぷっちょむ
インターネットに関する知識が足りないです!
え!
ぷっちょむ
いや本当に、全然足りないなと。世の中のウェブサービスがどう動いてるか、っていうのが分かるともっと自分がデザインする時に役立つと思うんです。仕様とかトレンドを考慮したデザインができたり。もの作りの知見を広げると、本業のデザインにも必ず役立つと思ってます。 器用貧乏気質なんだと思うんですよね。今までも、自分が関わってる部分だけじゃなくて全部やりたくなって、ある程度のところまでやるんですよ。だから、それはそれで器用貧乏を極めたらいいんじゃないかと思って。
器用貧乏を極めるのはいいね。いいけど……今日の流れではデザインを極めるって言う方向に持っていってくれたほうがよかったのかな……(汗) でも、幅広い知識を持っている新しい形のウェブデザイナーっていうのは、うちでこそ活かされるタイプのデザイナー像だね。デザインチームとか、エンジニアチームとか、職種別でセクションが分かれてる会社だと、デザインだけに長けたスペシャリストのほうがいいんだろうけど、うちのデザイナーはみんなサービス専任として運営チームに加わってるから、エンジニアだけじゃなくてディレクターとかカスタマーサービスのスタッフと一緒にやっていく上では器用貧乏なデザイナーは大歓迎じゃないかな。
ぷっちょむ
デザイナーはサービスに携わるスタッフの中でも、手出しできる領域が一番広い職業だから、楽しいし自分に合ってるんだなって感じます。がんばって器用貧乏を極めます。
お揃いのウェッブデザイナーTシャツで
しょうちゃんの目標は?
しょうちゃん
私は、ウェブデザイナーを極めたいなって思います。まずはウェブ以外の分野でも生きていけるぐらいの高いデザイン力を身につけることが目標ですね。
ウェブデザインに限らないデザインってことかな?
しょうちゃん
はい。最終的にはウェブデザイナーを極めたいんですけど、デジタルとデジタルではないもの、双方に通用するデザイン技術ってあるとおもうんですよ。だからデジタルにこだわらず、デザイナーとしてのスキルを高めるのが当面の課題かなと考えてます。最終的には、1人で動くものが作れるウェブデザイナーになるっていうのが目標です。 ウェブってすごいと思うんですよ。例えば、紙のデザインは動かないじゃないですか。でもウェブでは動的なサイトが作れる。プロダクトをゼロから動くところまで作れるデザイナーになりたいんです。
プログラミング側ってことかな、どっちかっていうと。
しょうちゃん
そうですね、でもプログラミングを極めたいわけじゃないんです。サイトデザインやロゴだけ作るんじゃなくて、エンジニアに頼らなくても1人で完成させることができるデザイナーになりたいんです。
ぷっちょむ
一人でサービスをガンガン作っちゃうdaiskip先生は、そのへんやっぱりすごいですよね。
しょうちゃん
デザインもカッコイイしね。
ぷっちょむ
うんうん。
今の時代はインフラも整ってるし、特にそういうことがやりやすい環境になってきたね。 会社には優秀なエンジニアがいっぱいいるから、デザイナーがそれと競う必要はなくって、“ある程度”プログラミングを理解してることが重要なんじゃないかな。 赤魔導士ぐらいでいいんじゃないかなと思って。赤魔導士って、そんなに強力じゃないけど黒魔法も白魔法も使える。高度な魔法は黒魔導士のプログラマに任せてさ、ちょっとした回復魔法とちょっとした攻撃魔法、両方を使える赤魔導士的なデザイナーっていいと思う。一見中途半端に見えるけど、仕事をする上ではきっと武器になるよ。
しょうちゃん
でもやっぱり、ベースはデザイン力かなって思います。いくらプログラミングが分かってもしっかりしたデザインがつくれないと……ってなっちゃうから、やっぱりデザイナー道を極めるしかないですね。
デザイナーとしてPhotoshopとかDreamweaverがどれだけ使えるか、みたいな話になることもあるよね。でもツールを使いこなすスキルは二の次。ウェブデザイナーって、やっぱりインターネットの世界でどれだけ表現できるか、っていうのにチャレンジするクリエイターなんだよね。デザインのヒントはどこにでも溢れてて、居酒屋さんのメニューとか、街並みの看板とか、インターネット以外の場所でも学ぶことはいっぱいあると思うからアンテナを張って損することはないと思う。 そして、ウェブサービスは生き物だと思うから、その生き物と向き合って、ウェブサービスの成長と共に、自分も成長していけるウェブデザイナーになってくれたら嬉しいな。

ふたりともお疲れさまでした!「WEBデザイナー」という枠にとらわれず成長している2人が眩しかったですね。ペパボと一緒にものづくりの可能性を広げたいそこのあなた、ご応募お待ちしています。今デザイナー募集してないんですけどね。お話だけでも、という方も大歓迎ですので。
それでは、次回のインタビューをお楽しみにお待ち下さい!
以上、ペパボの星がお送りしました。


〜おわり〜
  • 1
  • 2