キャリア採用 エンジニアの働き方

エンジニアの働き方

ひたむきに進化し続ける醍醐味

多くのインターネットサービスを提供しているGMOペパボでは、開発と運営は常に同時進行です。 「その場限りの問題改善」や「作って終わり」はありません。 インターネットサービスが成長を続ける限り、 常に最新技術をキャッチアップし、より適切な運用体制を模索するとともに、自らも貪欲に成長し続けていくことが必要です。
私たちは、この情熱に共感し、共にサービスを育んでくれる仲間を待っています。  

WEBアプリケーションエンジニア 近藤裕斗

WEBアプリケーションエンジニア

EC事業部 / 近藤 裕斗

担当サービス : カラーミーショップ

「お客様に価値を届けること、
サービスにとって価値の高いコードを残すことが大事」

WEBアプリケーションエンジニアの仕事

ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」で、ショップに関する機能開発や改善、運用業務を担当しています。
WEB上で領収書を発行できる機能や、受注情報からモバイル端末での注文を判別できる機能の開発など、ショップオーナーさんにより便利に使っていただくための新たな機能追加を進めています。

- その職種を選んだきっかけはなんですか?
学生時代に実家の菓子屋のホームページを作ったことがきっかけです。コードをインターネットや本で調べながら、四苦八苦して作ったのですが、家族や友人、お客さんに喜んでもらえたことで、WEBの技術についてもっと知りたい・学びたいと考えるようになりました。
- 社風や開発環境について教えてください 
新卒社員へのサポートがとても充実しています。特に「エンジニア研修」では、これからエンジニアとして活躍していくために必要な心構えをわかりやすく教えてもらいました。配属後も「メンター」として先輩社員が新卒一人一人をサポートしてくれているので、安心して仕事をすることができています。さらにGMOペパボはアジャイル開発手法のひとつであるスクラムを導入しており、活発な意見交換やコードレビューをしながら開発しているので、個人で問題を抱え込むことなくチーム全員で業務に取り組んでいます。
- 「エンジニアとして成長した」と感じる点はありますか?
高い向上心を持って楽しみながら開発をしているスタッフに囲まれ、日々刺激を受けるうちに、お客様にとって価値のあるサービスを届けること、サービスにとって価値の高いコードを残すことを意識するようになりました。チームで意見を出し合い作り上げた機能をショップオーナーさんに喜んで頂けることで、自分の書いたコードがサービスの価値向上に貢献したという実感を得ることができます。
また、先輩エンジニアとペアプロを行うことで、エンジニアとしてどのように問題解決すべきなのかを間近で学ぶことができ、自分の問題解決能力も高くなったと実感しています。
- 社内ではどんなツールを使っていますか?
「Slack」というコミュニケーションツールを使ってやり取りをしています。各サービスのチームチャンネル以外にもユニークなチャンネルがあって面白いです。特に開発チャンネルは開発者同士の情報交換の場としても利用されており、有益な情報が多く、勉強になります。

Slack

GMOペパボでは、スタッフ間でのコミュニケーションツールとして「Slack」と呼ばれるチャットシステムを利用しています。
本社・支社間、部署間、職種間での業務連絡のほか、ランチのお誘い専用チャンネルや同級生が集まるグループチャンネルなど、様々な用途で活用しています。
その他、サービスの申込件数や契約件数、障害情報などを知らせるツールとしても活用しています。

モバイルアプリケーションエンジニア /中島大地

モバイルアプリケーションエンジニア

minne事業部 / 中島 大地

担当サービス : minne

「アプリでもminneらしさをもっと引き出したいんです」

モバイルアプリケーションエンジニアの仕事

CtoCハンドメイドマーケットサービス「minne」のiOSアプリを担当しています。機能の追加開発・運用業務はもちろん、開発プロセスの見直しを行い、機能の自動化や便利なツールの導入など、アプリ開発に関することは何でも行っています。最近では、「minne」らしさをさらに引き出すために、UXの研究や利用者側に立った動作研究などもコツコツと進めています。

- その職種を選んだきっかけはなんですか?
もともとは「プチ」や「グーぺ」で、WEBアプリケーションの開発を担当していましたが、徐々にiOSアプリの魅力に惹かれ、プライベートでアプリの開発をするようになっていきました。業務でも携わりたいと思っていたところ、偶然「minne」のiOSアプリ開発者の社内募集が始まり、「俺にやらせてくれ!!」という勢いで応募したら受かったという次第です。
- 社風や開発環境について教えてください
自由にチャレンジできる社風だと思います。自分でも「こうすればもっと良くなる!」と思う技術やアイデアなどは、モックを作成して積極的に提案を行っています。こういったアイデアがサービスに採用されたり、トピックとしてスタッフ間で共有されることで、チーム全体のスキルアップに役立っていると感じています。
- 「エンジニアとして成長した」と感じる点はありますか?
入社からの数年間は、担当サービスのエンジニアは自分ひとりでしたが、言い換えるとやる気さえあればなんでもチャレンジできたので、担当業務以外にもインフラやデザインなども積極的に取り組むことができました。興味を持った分野は、徹底的にやり込んでプラグインにしたりプロダクトを作ったりしています。最近はOS X アプリに興味を持っているので、朝練という名目で後輩たちと早朝から読書会をし、何かOS X アプリを作ろうと目論んでいます。
- 社内ではどんなツールを使ってつかっていますか?
「GitHub Enterprise」を使っています。社内の全スタッフがアカウントを持っているので、彼らのソースコードを読んで勉強したり、他サービスで既に取り入れられている技術についてアドバイスをもらったりと大変便利です。デザイナーやディレクターとのやりとりもissueやpull requestベースで行っていますので、導入前よりも確実にスピーディにコミュニケーションを取りやすくなったと感じています。

GitHub Enterprise

GMOペパボでは、業務に「GitHub Enterprise」を取り入れています。サービスや部署ごとにグループアカウントを作って運用しており、開発プロセスの共有や部署内でのプロジェクト管理に利用しています。
また、エンジニア職位・評価制度にも活用しており、立候補から評価までの過程を「GitHub Enterprise」で管理しています。

インフラエンジニア /渡邉潔

インフラエンジニア

ホスティング事業部 / 渡邉 潔

担当サービス : ロリポップ!ヘテムル

「さまざまな問題に
 一つ一つ向き合って対応してきたという経験が、
 インフラエンジニアとしての自信です」

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアとして「ロリポップ!」や「ヘテムル」を担当しています。
インフラエンジニアというと守備範囲が広いと思われるかもしれませんが、GMOペパボのインフラエンジニアは大きく分けて以下の3種です。

・運用・・・24時間365日安定的にサービスを提供する
・開発・・・新しい仕組み(価値)を生み出す
・改善・・・問題となった点を改善する、省力化する

- その職種を選んだきっかけはなんですか?
先輩に誘われたことが大きなきっかけですね。それまではアプリケーションエンジニアとして働いていたので、インフラのことはほとんどわかりませんでした。今考えると、よくやってるなと思いますが、以前から開発などは進んでやりたいタイプだったので、実は性に合っていたのかもしれません。
- 社風や開発環境について教えてください
福岡支社で勤務しているのですが、私にとっては福岡で働けるのも魅力です。福岡、最高です!
開発においては、問題が起きた際の解決のアプローチや方法がかなり自由であること。そして新しい技術や仕組みを導入するための敷居がかなり低く、エンジニアが望む環境を会社が率先して整えてくれるところが魅力です。
- 「エンジニアとして成長した」と感じる点はありますか?
ホスティングという業種のインフラは、多種多様な問題が起こります。例えば、突然「謎のボードゲームのアプリをガンガン使われてCPU負荷」になったり、「数百GBのフォルダが更新されてネットワーク負荷」になったり。
お客様の数が多く、また使い方もさまざまなので、想定外なことが起こります。そういった問題に一つ一つ向き合って解決してきたという自信が、エンジニアとして成長できた一番の要因かなと感じています。
- 社内ではどんなツールを使っていますか?
「タンパク」というツールを使っています。スケジュールや、日報の共有ができる社内SNSです。
みんなが書いた日報を見ると、担当業務の詳細や、興味を持っていること、困っていることが分かるので、助け合ったり応援したりと、いつも和気あいあいとした雰囲気です。
また、映画やバーベキュー、仲間の歓送迎会、勉強会、プラモデルを作る会など、面白そうな社内イベントも「タンパク」で呼びかけており、興味のあるものにどんどん参加して視野を広げたり、好きなものを仲間と語り合うことができます!

社内SNSの「タンパク」では、全スタッフの日報を読むことができます。その日の業務や翌日の予定についてだけでなく、日々感じたことや気付いたことなど、内容はみな自由です。コメントも付けられるので、お互い感想やアドバイスを書いたりすることも。
また、イベントを企画して参加者を募ったり、グループに参加して情報を共有し合ったり、気になったことについてアンケートを取ることもできます。

エンジニアに関する制度

エンジニアの仕事を「もっとおもしろくする」特徴的な制度として、エンジニア評価制度と職位制度があります。どちらの制度もオープンであることを非常に重視しており、技術者としての対外的なアウトプットを評価軸として重視するのはもちろん、評価プロセス自体も「GitHub Enterprise」のpull requestをベースにオープンな形で行っております。

・エンジニア評価制度

半期ごとに上級エンジニアがエンジニアを評価する制度で、全エンジニアが対象です。エンジニア全体に適用可能な評価軸で評価します。

・エンジニア職位制度

上級職への立候補者を対象とした職位制度です。評価制度と同時期に行われ、合格すると専門職としてのキャリアパスが提供されます。CTO、チーフエンジニア、シニア・プリンシパルエンジニア、プリンシパルエンジニア、シニアエンジニアの5つの職位があり、各サービスや会社全体の技術的な問題解決、技術力の底上げにつながっています。

ペパボのエンジニア

GMOペパボのエンジニアには、主に以下の3つのタイプがあります。

・WEBアプリケーションエンジニア

RubyやPHPなどによるサーバーサイド開発や、JavaScriptなどによるフロントエンド開発を行うエンジニア。最も人数が多いタイプです。

・モバイルアプリケーションエンジニア

iOSやAndroidアプリの開発を行うエンジニア。近年は、「minne」などを始めとしたモバイルアプリにも力を入れているため、人数も増えてきました。

・インフラエンジニア

アーキテクチャの設計や、サーバーやミドルウェアの構築・設定・運用などを行うエンジニア。「ロリポップ!」や「カラーミーショップ」といった大規模サービスを支える重要な存在です。

いるだけで成長できる環境

変化の激しいインターネット業界においては、「いま何を知っているか」「いま何ができるか」も大事ですが、変化に柔軟に対応できることがより重要だと考えています。つまり、継続的に成長し続けられることこそが大切なのです。GMOペパボでは、人材を育て、成長し続けられる環境を整えています。
参照:ペパボテックブログ 『「いるだけで成長できる環境」へ』

ひと

組織

エンジニアのアウトプット

各分野に精通したさまざまなエンジニアに囲まれて、積極的にアウトプットする人は、さらに成長すると考えています。エンジニアが自主的にイベントや勉強会を開催したり、外部のイベントにも積極的に登壇したりしています。

・社外イベントへの登壇

社外で開催されるイベントやセミナーに積極的に登壇することを推奨しています。自社主催のイベントも多く開催されており、代表的なものとして、日頃の業務やサービス運用の経験で得た知見を中心に発表する「ペパボテックカンファレンス」や、ペアプログラミングとライブコーディングを中心とした「エンジニアぶつかり稽古」といった、社外のエンジニアに向けた発表会や勉強会などがあります。

・社内勉強会の開催

部署やサービスにかかわらずエンジニアが集まり、それぞれ興味のあるテーマを掘り下げ、知見を深める自主勉強会が活発に開催されています。頻度や内容はさまざまで、それぞれのペースで楽しみながら実施しています。中には、エンジニア以外の職種に向けて行われる勉強会もあり、技術的な基礎知識を共有するだけではなく、日常の業務効率化につながる技術を共有するなど、エンジニアの枠を超え、職種を超えた社員同士のコミュニケーションの場としても活用されています。

・OSS貢献や執筆活動

GMOペパボでは、オープンソースとして公開されている技術を業務に取り入れると同時に、自社で培ってきた技術や知見を幅広く公開し、社内だけでなく社会全体に貢献する姿勢を大切にしています。国内外のカンファレンスへの登壇や参加、自身で開発した新しい技術をオープンソースとして公開するなど、その方法はさまざまです。また、中にはOSSへの貢献が特に認められ、世界的な賞を受賞したエンジニアもいます。
執筆活動も活発で、ブログなどでの日常的なアウトプットはもちろん、エンジニアが執筆に関わった書籍も複数出版されています。